熊本県

9月24日~30日は結核予防週間です

最終更新日:
 結核は昔の病気と思っていませんか。
 結核は、今でも年間1万5千人以上の患者が発生し、約2千人が命を落としている日本の主要な感染症です。
 

結核とは

 結核は

 ・結核菌によって主に肺に炎症が起こる病気です。

 ・結核菌を吸い込むことで感染します(空気感染)。

 ・感染しても必ずしも発病するわけではありません。

 ・発病した場合でも、きちんと薬を飲むことで治りますが、早期発見が大切です。

 

 咳やたん、微熱、体のだるさなどが2週間以上続く場合は、いつもの風邪と決めつけず、早めに医療機関を受診しましょう。早期発見は重症化を防ぐだけでなく、大切な家族や友人、職場などへの感染を防ぐためにも重要です。

 

 12

 

厚生労働省ホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 
 

結核の予防

 結核は免疫力が弱まると発病の可能性が高まります。「バランスのとれた食事」「適度な運動」「十分な睡眠」「禁煙」など、普段から健康的な生活を心がけることが結核の予防につながります。

 抵抗力の弱い赤ちゃんは結核に感染すると重症化しやすく、生命に危険を及ぼす可能性があります。予防するにはBCGワクチンの接種が有効です。お住まいの市町村からの案内に従って、遅くとも1歳までには接種しましょう。

 

熊本県の結核の現状

 熊本県内では、年間200~300人が発病しています。平成30年(2018年)の結核患者は201人で、患者の半数以上が80歳以上の高齢者であり、全国に比べ患者の高齢化が進んでいます。

 

H21年

H22年

H23年

H24年

H25年

H26年

H27年

H28年

H29年

H30年

新登録患者数

337人

307人

329人

289人

277人

281人

282人

232人

239人

201人

全国

24,170人23,261人22,681人21,283人20,495人19,615人18,280人17,625人16,789人15,590人
罹患率
(人口10万対)

18.6

16.9

18.2

16

15.4

15.7

15.8

13.1

13.5

11.4

全国

19.0

18.2

17.7

16.7

16.1

15.4

14.4

13.9

13.3

12.3

80歳以上の割合

41.8%

39.7%

51.1%

50.5%

52.0%

50.9%

54.3%

53.0%

59.8%

54.7%

全国

28.8%

29.7%

32.3%

34.0%

36.1%

37.7%

38.3%

39.7%

40.1%

40.7%

 

参考

 結核についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

このページに関する
お問い合わせは

健康福祉部 健康危機管理課
電話:096-333-2239
ファックス:096-387-0167
メール kenkoukiki@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:29198)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.