熊本県

川のきれいさを生息する生物で評価できる調査があります。

最終更新日:

 

水生生物調査について

 河川水や川底などがきれいな所と汚れている所では、その程度に応じた多様な生物が生息します。

 水生生物調査は生息している生物の種類や数を調べることで、川の自然の豊かさや水質を知ることができる調査です。熊本県が作成した「川の水環境・調査のてびき」(※1)に基づいて、川のきれいさ(快適さ)を5段階で評価します。

 

生物図
         カワゲラ        サワガニ     ニッポンヨコエビ     

生物図4
 サカマキガイ     イトミミズ類     

         きれいな川に住む生物(例)            汚れた川に住む生物(例)

 

 研究所では、平成2年度からこの調査を続けています。河川の水質が向上したことに伴い、快適な川(きれいな川)に住む水生生物が多く見られるようになっています。

 

環境教育としても活用される

 環境学習の一環として、小学生や各種団体等により、県内各地で水生生物調査が行われています。

 水生生物を採取し、身近な川の様子を自分たちで評価することを通して、ふるさとの水環境について考え、きれいな水と豊かな緑を守りはぐくんでいく場としても最適です。

 熊本県と熊本県教育事務所主催で、「平成31年(2019年)度 みんなの川の環境調査-川の生き物と水質を知らべてみよう-」という調査に参加する団体を募集しています(※2)。

 川の生物にふれあって、身近な川について考えてみませんか?

 

水生生物調査写真

小学生による水生生物調査の様子

 

 

参考リンク

※1 川の水環境調査のてびき(熊本県環境生活部 環境局 環境保全課)

    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_584.html 別ウィンドウで開きます

※2 「平成31年(2019年)度みんなの川の環境調査-川の生き物と水質を調べてみよう-」の参加団体を募集しています!!

       (熊本県環境生活部 環境局 環境保全課)

    https://www.pref.kumamoto.jp//kiji_11174.html別ウィンドウで開きます

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは

健康福祉部 保健環境科学研究所
電話:0964-23-5771
ファックス:0964-23-5260
メール hokanken@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:28636)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.