熊本県

食用と判断できない植物は食べないでください。

最終更新日:
 

毒のある植物による食中毒に気を付けましょう。

 食中毒と聞くと、大腸菌O-157やノロウイルスといった細菌やウイルスなどを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。食中毒は「細菌」、「ウイルス」だけでなく、「自然毒」、「化学物質」、「寄生虫」がその原因となります。※1

 「自然毒」は、自然界に天然に存在する毒成分であり、これを食べてしまうことで食中毒になります。「自然毒」はさらに「動物性自然毒」と「植物性自然毒」に分けることができます。「動物性自然毒」は魚類(フグなど)や貝などが持っている毒のことです。「植物性自然毒」はキノコ、カビ、植物が持っている毒のことです。

 植物性自然毒による食中毒は、食べられる山菜、野草、キノコなどと間違えて毒草や毒キノコを食べてしまうことで発生します。

 近年のアウトドアブームや自然食ブームにより、山菜採りやキノコ狩りを楽しむ方が増えてきました。また、ガーデニングブームにより私達の身の回りには食用以外の植物があふれています。植物は似たような形状のものが多いため、毒を持つものと食用のものを見分けることは非常に難しいです。現に、家庭菜園で野菜と観賞植物を一緒に植えており、それらの形状が似ていることから毒のある観賞植物を食べてしまう事故が国内で毎年発生しています。



食用と間違えやすい植物

以下に、食用と間違えやすい植物をいくつかお示しします。※2

食用と判断できない植物や植えた覚えがない植物は、「採らない」「食べない」「売らない」「人にあげない」を徹底してください。また、植物性自然毒による食中毒は死亡することもあるため、野草を食べて体調が悪くなったらすぐに医師の診察を受けてください。


 
ドクツルタケチョウセンアサガオ2

バイケイソウ

ドクツルタケ

症状:食後6~24時間後にコレラ様の症状(おう吐、下痢、腹痛)が現れるが1日でおさまり、その後24~72時間で内臓の細胞が破壊され肝臓肥大、黄疸、胃腸の出血などの肝臓、腎臓機能障害の症状が現れ、死亡する場合がある。催吐、胃洗浄、活性炭投与など適切な処置が必要である。

間違えやすい食用キノコ:

シロマツタケモドキ、ハラタケ、ツクリタケ

チョウセンアサガオ(つぼみ)

症状:口渇、瞳孔散大、意識混濁、心拍促進、興奮、麻痺、頻脈

間違えやすい食用植物:オクラ

バイケイソウ

症状:吐き気、嘔吐、手足のしびれ、呼吸困難、脱力感、めまい、痙攣、血圧低下など。重症の場合は意識不明となり、死亡する。

間違えやすい食用植物:

ギョウジャニンニク、オオバギボウシ

スイセン
クワズイモ1
クワズイモ3

スイセン(写真下)

症状:悪心、嘔吐、下痢、流涎、発汗、頭痛、昏睡、低体温

間違えやすい食用植物:ニラ(写真上)

クワズイモ

症状:悪心、嘔吐、下痢、麻痺、皮膚炎など

間違えやすい食用植物:サトイモ

クワズイモ細胞

針状結晶(シュウ酸カルシウム)


参考リンク

※1 平成29年(2017年)食中毒発生状況 (厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/04.html

※2 自然毒のリスクプロファイル(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/poison/index.html別ウィンドウで開きます(外部リンク)

このページに関する
お問い合わせは

健康福祉部 保健環境科学研究所
電話:0964-23-5771
ファックス:0964-23-5260
メール hokanken@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:26565)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.