熊本県

自殺予防ゲートキーパーの養成について

最終更新日:
健康福祉部 精神保健福祉センター TEL:096-386-1255 FAX:096-386-1256 メール seishinhose@pref.kumamoto.lg.jp

自殺予防ゲートキーパーの養成について

 本県では、誰も自殺に追い込まれることのない「支え合う熊本」の実現目指して、平成30年3月に「第2期熊本県自殺対策推進計画(H29~H34年)」を策定し、体系的に施策を進めています。この中で精神保健福祉センターでは、自殺予防に関わるゲートキーパーを計画的に養成していくこととしています。

 ゲートキーパーとは、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守るなど、早期対応にあたる中心的な人材のことです。市町村や地域振興局の相談窓口職員、精神保健福祉従事者、民生児童委員等を対象に研修の企画実施を呼びかけ、講師派遣や既受講者との講師との連携を通じて、人材育成・技術支援を行っています。

 

 

ゲートキーパー

 悩みを抱えた人は、「人に悩みを言えない」、「何処に相談に行ったらよいか分からない」、「どのように解決したらよいか分からない」等の状況に陥ることがあります。周囲が悩みを抱えた人を支援するために、周囲の人々がゲートキーパーとして活動することが必要です。

 自殺対策におけるゲートキーパーの役割は、心理社会的問題や生活上の問題、健康上の問題を抱えている人や、自殺の危険を抱えた人々に気づき適切に関わることです。

*ゲートキーパーの役割

  気づき :家族や仲間の変化に気づいて、声をかける

  傾聴 : 本人の気持ちを尊重し、耳を傾ける

  つなぎ :早めに専門家に相談するように促す

  見守り :温かく寄り添いながら、じっくりと見守る

 

 

ゲートキーパー養成研修資料について

1時間・2時間版ゲートキーパー養成研修案パッケージ

 

 

 

配布資料



このページに関する
お問い合わせは

健康福祉部 精神保健福祉センター
電話:096-386-1255
ファックス:096-386-1256
メール seishinhose@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:2607)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.