熊本県

平成30年7月豪雨に対する河川改修事業効果について

最終更新日:
土木部 河川課 TEL:096-333-2506 FAX:096-382-3277 メール kasen@pref.kumamoto.lg.jp
 

平成30年7月豪雨に対する河川改修事業効果について

 

二級河川大鞘川水系大鞘川

 県では、平成9年に発生した洪水を契機とし、平成11年より河川改修を進めてきました。その後も出水による家屋浸水被害が頻発しており、特に平成19年の集中豪雨による出水では、浸水面積800ha、床上浸水7戸、床下浸水58戸の被害が生じました。
 このたびの平成30年7月豪雨においては、平成19年出水時と同等以上の降雨がありましたが、堤防の整備等を行ったことにより、浸水被害が発生しませんでした。

このページに関する
お問い合わせは

土木部 河川課
電話:096-333-2506
ファックス:096-382-3277
メール kasen@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:24548)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.