熊本県

TPP11及び日EU・EPAに伴う熊本県への影響~農林水産物への影響試算~について

最終更新日:

 TPP11協定及び日EU・EPAに伴う本県農林水産物への影響額を整理しました。

 国が平成29年12月に、TPP11協定及び日EU・EPAに伴う国内農林水産物への影響試算を公表しました。

 

 これを受けて、県では、県内農林水産物への影響をできる限り幅広く整理する観点から、国の試算を参考にした

「価格への影響」に、県独自として、「生産量への影響」や「品目追加」を上乗せして、試算を行いました。

 試算の結果、TPP11では、米国離脱による影響緩和などにより55~94億円(TPP12:82~132億円)となりま

した。また、日EU・EPAでは、28~57億円となりました。

 試算の詳細は、別添資料を御覧下さい。
 

このページに関する
お問い合わせは
農林水産部 農林水産政策課
電話:096-333-2362
ファックス:096-383-3270
メール norinsuisan@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:22642)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.