熊本県

韓国忠清南道(チュンチョンナムド) について

最終更新日:
商工観光労働部 国際課 TEL:096-333-2158 FAX:096-381-3343 メール kokusai@pref.kumamoto.lg.jp

1 概況

a.地理  
 韓国の中心部に位置し、地形は一部を除き平均高度百メートル内外の低山性丘陵地であり道の西側は典型的なリアス式海岸になっています。北は京畿道、東は忠清北道、南は全羅北道と接しています。

b.面積
 8,585.82平方キロメートル
 (日本の面積の約 0.02倍、熊本県の面積の約 1.2倍)

c.人口
 2,118,264人(2010年12月現在)
 (大田広域市を除く)

d.道庁所在地
 忠清南道洪城郡(2013年1月に大田広域市より移転)

e.知事
 安熙正(アン・ヒジョン)
 2010年7月就任(任期4年、現在1期目)

f.特記事項
 忠清南道は、三国時代、百済の中心地域として栄え、道内の扶餘、公州は百済の都が置かれた場所として有名です。 その後、近世に入り1896年に道制が敷かれ忠清南道となり、1996年に開道 100周年を迎えました。1932年に道庁が公州から現在の大田広域市に(当時は大田市で1989年に直轄市として道から分離、1995年1月から名称が直轄市から広域市に変更。)移りました。

 2004年4月には韓国高速鉄道(日本の新幹線に相当)が開通し、忠清南道を起点にほぼ韓国一円が日帰り圏になるとともに、2005年3月には、国の行政機関の大半を忠清南道の燕岐・公州地区に移し、新たに「行政複合中心都市」を建設することが決まるなど、忠清南道は現在、政治や経済、交通の中心地として目覚ましい発展を遂げております。

 2007年10月11日から15日にかけて、忠清南道の公州市と扶余郡で、「第53回百済文化祭」が開催され、熊本からも260名もの訪問団が参加しました。 期間中、百済文化の縁の深い熊本県立装飾古墳館と百済歴史文化館が姉妹館の調印をし、今後両県道間で文化交流を深めていくことで合意しました。

 2010年9月18日(金曜日)から10月17日(日曜日)の1ヶ月にわたり開催される「2010世界大百済典」の開幕行事に知事をはじめ多くの県民が参加し、2010世界大百済典「世界歴史都市展」に熊本ブースを出展しました。

 2013年10月15日から17日にかけて、姉妹提携30周年を記念し、熊本県知事、熊本県議会議員、民間交流団体等による訪問団が忠清南道を訪問しました。併せて両県道の青少年選抜サッカーチームによる親善試合を行いました。

 2013年11月8日から10日にかけて、姉妹提携30周年を記念し、忠清南道知事及び記念訪問ツアー一行が熊本を訪され、上天草市千厳山公園での記念行事に参加されました。 

忠清南道

2 友好提携の経緯

 1979年9月の本県最初の定期国際航路である熊本−ソウル線の開設で、韓国との交流が盛んになり、姉妹提携先として地形、文化、産業などの類似点の多い忠清南道が候補にあがりました。1982年2月県議会総務委員会の訪問等を経て、その後実務的な打合せが重ねられ、1983年1月22日同道使節団を熊本県に迎え姉妹提携の調印が行われました。

3 熊本県と忠清南道の交流実績

 本県と忠清南道は距離が近いこともあり、人の往来は大変盛んです。これまで、海外技術研修員の受入れを、農業・地方自治・環境・商工など、幅広い分野で交流活動を行ってきました。現在は、自治体職員協力交流事業として公務員の研修受入を行っています。また県からも語学・行政研修を目的に職員を忠清南道に派遣してきましたが、2005年度からは現地での交流支援業務を目的とした派遣に変更しております。高校生や青少年の相互訪問交流、文化・スポーツ団体の交流など、民間交流も幅広く行われています。2003年9月には、熊本と韓国を結ぶ国際定期便アシアナ航空熊本・ソウル線が就航し、観光をはじめとした相互交流が官民をあげて活発に行われています。

百済文化祭

万里浦海水浴場

百済金銅大香炉(国宝第287号)

忠清南道の位置と地図

このページに関する
お問い合わせは

商工観光労働部 国際課
電話:096-333-2158
ファックス:096-381-3343
メール kokusai@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:2257)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.