熊本県

「すまいの再建」支援策について

最終更新日:

リバモ

リバモ

「すまいの再建」支援策の概要

平成28年熊本地震により被災し、県内に住まいを再建される世帯を対象に「すまいの再建」を支援します。

高齢者向け新型住宅ローンについて


6つの支援策について


4つの支援策を紹介した動画


対象者

平成28年熊本地震で被災し、以下のいずれかの要件に該当する世帯を対象とします。

  1. 応急仮設住宅(建設型仮設住宅、借上型仮設住宅)の入居世帯
  2. 全壊または大規模半壊の罹災証明書の交付世帯
  3. 半壊の罹災証明書の交付世帯でその住宅を解体した世帯
  4. 被災者再建支援法に基づき長期避難世帯として認定されている世帯

4つの支援策について

(支援策1)リバースモーゲージ利子助成事業

 県内で居住する住宅を新築、購入または補修するため、金融機関等からリバースモーゲージ型の融資を受けた場合、借入額に係る利子の支払額の全部又は一部について助成を行うものです。詳しくは リバースモーゲージ利子助成事業新しいウインドウで をご参照ください。

(支援策2)自宅再建利子助成事業

 県内で居住する住宅を新築、購入、補修するため、金融機関から融資を受けた場合、借入額に係る利子の支払額の全部又は一部について助成を行うものです。詳しくは 自宅再建利子助成事業新しいウインドウで をご参照ください。

(支援策3)民間賃貸住宅入居支援助成事業

 再建先として県内の民間賃貸住宅に入居する場合に必要となる契約に伴う初期費用を助成します。
(助成金額) 助成金の額は一律20万円

(支援策4)転居費用助成事業

 県内で住まいを再建(自宅、民間賃貸住宅、公営住宅等)し、その住まいに転居するための費用を助成します。
(助成金額) 助成金の額は一律10万円


申請書類及び申請窓口

申請書類

 被災時にお住まいだった市町村窓口にお問い合わせください。

申請窓口

 被災時にお住まいだった市町村の窓口に申請してください。

このページに関する
お問い合わせは

健康福祉部 健康福祉政策課 すまい対策室
電話:096-333-2839
ファックス:096-384-3160
(ID:21241)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.