熊本県

響原復興住宅・みんなの家

最終更新日:
 

響原復興住宅・みんなの家

響原復興住宅・みんなの家

近隣に既存の公営住宅が建つ、周囲を自然に囲まれた敷地に1住棟に異なるタイプの住戸を組み合わせた計画は、自然に開かれ、住民同士が触れ合い、助け合い、コミュニティが生まれる「団欒の住まい」である。
くまもとアートポリスプロジェクトとして、UR都市機構が設計施工を担う買取型災害公営住宅では、県内初の完成となった。
和傘をイメージした柱梁を持つ「みんなの家」とすり鉢状の「大きな庭」は、この地域の核として、多世代交流の場となるだろう。
 

建築概要

北に相良堂を見下ろす丘陵と、東に溜池公園、南に水晶山を見渡す豊かな自然が広がる響原。この地に、響原復興住宅とみんなの家を計画した。
響原復興住宅は、庭から連続する大きな内縁としてのリビングを持つ二戸一住宅を計画した。濡れ縁と大きな内縁での日常が、家族の団欒を生み出し、ご近所との付き合いにも広がる。静かで落ち着いた個室を北側に配置し、活発な動きのある居間や水回り、玄関を南の庭側に配し、自然に対して開く。ここで暮らすことになる方々が、内縁⇔濡れ縁⇔庭を行き来する中で、近隣の方々とふれあい、お互いに助け合うコミュニティが生まれる。庭に開き、自然に開き、ご近所に開く、「団欒の住まい」を計画した。
みんなの家(集会所)は、住民を優しく迎える玄関として、和傘をイメージした繊細な柱梁による、穏やかで華のある空間とした。日常とは少し異なる様々な催しに対応したハレの場を提案している。
また、既存の公営住宅と新設された響原復興住宅の中央には、住民同士が助け合う拠り所となるように、みんなの家を核とした「大きな庭」を計画した。「大きな庭」はすり鉢状にすることで、表裏のない中心性を持った広場となった。
みんなの家、広場に寄り添う縁側は、季節・時間・活動に合わせて、多様な使い方を引き出す。響原の「大きな庭」が、みんなを元気にする庭として、多世代の交流の場になることを願っている。
響原復興住宅・みんなの家
響原復興住宅外観

響原復興住宅内観
 

建築データ

名  称 響原復興住宅・みんなの家
所在地  宇城市豊野町糸石2510-1
主要用途 長屋、集会所
事業主体 宇城市
設計者  工藤和美+堀場弘/シーラカンスK&H
発注者  独立行政法人都市再生機構
敷地面積 5,359.77平方メートル
総工事費 534百万円
(住宅)
施工者  株式会社高橋建設
建築面積 1,669.77平方メートル
延べ面積 1,378.71平方メートル
階  数 地上1階
構  造 木造
外部仕上 屋根 ガルバリウム鋼板 縦ハゼ葺き
     外壁 金属系サイディング、杉羽目板張り
施工期間 2017年12月~2019年1月
(集会所)
施工者  大和ハウス工業株式会社
建築面積 132.86平方メートル
延べ面積 132.86平方メートル
階  数 地上1階
構  造 木造一部鉄骨造
外部仕上 屋根 シート防水
     外壁 窯業系平形スレート下見張り
施工期間 2018年7月~2019年2月
 
 

建築家プロフィール

工藤和美堀場弘

工藤 和美(くどう かずみ)

1960年 福岡県出身

1985年 横浜国立大学建築学科卒業
1986年 シーラカンスを共同で設立
1987年 東京大学大学院修士課程修了
1991年 東京大学大学院博士課程修了
1998年 シーラカンスK&Hに改組
現  在  代表取締役、東洋大学教授

堀場 弘(ほりば ひろし)

1960年 東京都出身

1983年 武蔵工業大学建築学科卒業
1986年 東京大学大学院修士課程修了
      シーラカンスを共同で設立
1998年 シーラカンスK&Hに改組
現  在  代表取締役、東京都市大学教授
 
●主な作品
千葉市立打瀬小学校、福岡市立博多小学校、坂井市立丸岡南中学校、さつき幼稚園、金沢梅みらい図書館、山鹿市立山鹿小学校、The University DINING(千葉商科大)、東松島市立宮野森小学校
 
●主な受賞
BCS賞 1993年、2013年
日本建築学会賞 1997年
日本建築学会作品選奨 1996年、1997年、2008年、2009年、2015年
JIA日本建築大賞 2014年
 
 

宇城市豊野町響原団地(仮称)(都市再生機構(UR)からの買取) ーご近所付き合いも広がる団欒の住まいー 

完成イメージ
 
近隣に子育て支援や一般公営の住宅が建つ計画地。
1住棟に異なるタイプの住戸を組み合わせることで、多世代間の交流を育むような「団欒の住まい」が提案された。
 
 
配置プラン
 
 
静かで落ち着いた個室を北側に、活発な動きのある居間や玄関を庭のある南側に配置することで、プライバシーと濡れ縁を介したコミュニティ形成に配慮された計画となっている。各住戸からの東西の動線は、西側に配置されたみんなの家を核とする大きな庭につながっていく。 
 
みんなの家(外観)
外観パース/みんなの家 ※検討途中のものであり、今後変更になる可能性があります。
 
 
みんなの家(内観)
内観パース/みんなの家 ※検討途中のものであり、今後変更になる可能性があります。
 
 
▼建築データ
名称/宇城市豊野町響原団地(仮称)
所在地/宇城市豊野町糸石2510-1
設計/工藤和美+堀場弘/シーラカンスK&H(基本設計・集会施設(みんなの家)実施設計)
構造・階数・戸数/木造・平屋・20戸
施工/株式会社髙橋建設
完成/平成31年1月(予定)
 
 
<設計者>

▼工藤和美+堀場弘/シーラカンスK&H

http://www.coelacanth-kandh.co.jp/

 
 
 

くまもとアートポリスで取り組みます! 宇城市豊野町響原地区災害公営住宅整備事業(平成29年8月10日) 

 

熊本地震からの復興にあたり、宇城市は、独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)と平成29年2月に基本協定を結び、災害公営住宅の整備に取り組んでいます。

同市豊野町響原(ひびきがはら)地区では、災害公営住宅と「みんなの家」(集会所)の整備を、くまもとアートポリス事業で取り組むこととなり、UR都市機構と設計者が協力して設計を行うことになりましたのでお知らせします。

※同機構が設計、施工、工事監理を行い、完成した建物を災害公営住宅として宇城市が買い取る方式で整備されます。

 

1.事業の概要

 建 設 地:宇城市豊野町糸石

 敷地面積:約9,800平方メートル

 規  模:災害公営住宅:20戸、木造、平屋建て、計1,600平方メートル程度

      集会所:1棟、木造、平屋建て、100平方メートル程度

 

2.設計者

 名  称:シーラカンスK&H株式会社

 代表者名:代表取締役 工藤和美、堀場 弘

 所 在 地:東京都

 業務範囲:災害公営住宅/基本計画

      集会所(みんなの家)/基本・実施設計

 

(参考)

 現在、アートポリスで取り組んでいる災害公営住宅は以下のとおりです。

 

No.

市町村名

団地名

規模・構造

設計者

1

宇土市

境目団地

25戸

木造平屋

内田文雄(東京都)

+西山英夫(熊本市)

2

甲佐町

乙女地区・白旗地区

20戸

木造平屋

工藤和美+堀場弘

/シーラカンスK&H(東京都)

3

 

 

甲佐町

甲佐地区

30戸

木造平屋

岡野道子建築設計事務所(東京都)

+ビルディングランドスケープ(東京都)

+ライト設計(熊本市)

4

宇城市

豊野町響原地区

20戸

木造平屋

(集会所)

工藤和美+堀場弘

/シーラカンスK&H(東京都)

※住宅:基本計画

集会所:基本・実施設計

     ※No.4が今回お知らせ分です。

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは

土木部 建築課
電話:096-333-2533
ファックス:096-384-9820
メール kenchiku@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:20569)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.