熊本県

加久藤トンネル換気所

最終更新日:
土木部 建築課 TEL:096-333-2533 FAX:096-384-9820 メール kenchiku@pref.kumamoto.lg.jp


加久藤トンネル換気所の写真です

熊本県と宮崎県の県境、国道221号のループ橋を越えると加久藤トンネルがある。
この建物は、トンネル内の換気のためのポンプ、空気取り入れ口を収めた施設である。
単に機能的な道路維持管理のための施設も環境を形成する重要な要素となることから、施設が持つ機能を凝縮して、建物全体が装置として機能するとともに、周囲との調和を図るよう設計されている。

建築概要

この換気所の最大の特徴は、 空気の流れのシステムにある。トンネルの換気のために必要な設備は、トンネルの側から順に、ダクト、モーター、ファン及びフィルターである。
通常はこれらが直線的に接続され、ぶ厚いコンクリートの箱に収められている。この建築の場合、フィルターを省略し、そのかわりエキスパンドメタルの外壁全体がフィルターとなっている。
これにより、換気設備のダイナミックな構造が外から見えるようになったばかりではなく、フィルター面積が数十倍に上がったため、単位面積当りの流量が激減し、フィルターの清掃・交換に関する維持管理は不要となった。
また外壁のコンクリートが軽量・安価なエキスパンドメタルに置き換えられているため、建設コストはきわめて低いものとなっている。


加久藤トンネル換気所の夜の写真です加久藤トンネル換気所の写真です

Photo:八木光保

<建築データ>

名称 加久藤トンネル換気所
ふりがな かくとうとんねるかんきじょ
所在地 人吉市大畑町、宮崎県えびの市東川北
主要用途 機械室
事業主体 熊本県
設計者 小山明+パシフィックコンサルタント
施工者   
 建築 丸昭建設
 電気 富士電機、人吉電気工事
 機械 三井三池製作所
延面積 人吉側365m2、えびの側353m2
階数 地上2階
構造 鉄筋コンクリート造、鉄骨造
外部仕上  
 屋根 折板葺
 外壁 エキスパンドメタル
施工期間 1988年12月~1989年10月
総工事費 704百万円

<建築家プロフィール>

小山 明氏の写真です 小山 明(こやま あきら)
1951年 大阪生まれ
1977年 日本大学理工学部修士課程修了
1978~80年 ドルトムント大学、ベルリン工科大学留学、日本大学工学博士
1984年 DER PLAN設立
1988年 IBA展オーガナイザー
1997年 神戸芸術工科大学教授
 
主な作品
著書 「未完の帝国-ナチス・ドイツの建築と都市-」(共著)
「都市居住宣言」(監修)
個展 1993年 「人間に考えさせる機械」
作品 1996年 岡本の家 

このページに関する
お問い合わせは

土木部 建築課
電話:096-333-2533
ファックス:096-384-9820
メール kenchiku@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:1714)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.