熊本県

有明フェリー長洲港ターミナル

最終更新日:

有明フェリー長洲港ターミナルの写真

 熊本の西の玄関口として年間200万人以上が利用する長崎県多比良港との間を就航する有明フェリーのターミナル。
 老朽化したため、敷地の整備と共に建て替えられた。
 乗船客の快適な待合い所としてのターミナル本来の目的のほかに、地域住民に日常的に親しまれる施設となることを期待している。
 フェリー着岸側には大きな開口部を有している。
 昼間は明るい室内を確保し、夜間はライトアップによって一層の際立ちを見せる。
 熊本への旅人を招き入れ、長崎への旅人を送り出すように、建物は対岸の雲仙に向かうように配置されている。

建築概要

 人・車・モノの流れを妨げることなく人々が出会い、休息できる開放的なターミナルである。フェリーの着岸形式に合わせて建物を護岸と平行に細長く配置し、周辺を隣接する公園と一体となるよう緑化している。事務・管理施設を2層分の高さまで持ち上げ、その下を開放し1階のコンコース(待合所)と2階のボーディングブリッジ(連絡橋)を納めることでスムーズな乗下船を可能としている。コンコースにはギフトショップ、スタンドカフェ、エレベーターなどのサービス施設が設けられ、ここから直接屋上へもアクセス可能である。屋上の展望デッキからは対岸の雲仙・普賢岳をはじめ有明海の雄大な自然がパノラマ的に眺望できる。

有明フェリー長洲港ターミナルの写真有明フェリー長洲港ターミナルの写真

<建築データ>

名称 有明フェリー長洲港ターミナル
ふりがな ありあけふぇりーながすこうたーみなる
所在地 玉名郡長洲町長洲字下原2168−22
主要用途 待合所
事業主体 有明海自動車航送船組合
設計者 石田敏明
施工者  岩下建設
敷地面積 3,978m2
建築面積 586m2
延面積 976m2
階数 地上3階
構造 鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
外部仕上  
 屋根 コンクリート金ごて押え+アスファルト防水
 外壁 セメント中空成形板+ウレタン塗装、フッソ樹脂焼付鋼板
施工期間 1995年10月~1996年3月
総工事費 348百万円

<受賞データ>

1997年 日本建築士会連合会賞優秀賞
1999年 日本建築学会作品選集

<建築家プロフィール>

石田敏明さんの写真 石田 敏明(いしだ としあき)
1950年 広島県生まれ
1973年 広島工業大学建築学科卒業
1973年 伊東豊雄建築設計事務所勤務
1982年 石田敏明建築設計事務所設立
現在 日本大学、広島工業大学非常勤講師
主な作品
浦崎の家、茅ケ崎の家、綱島の家、富士裾野の山荘、NOSハウス、F4、SUZハウス
受賞歴
1987年 住宅建築賞
1991年 鹿島賞
1996年 吉岡賞

PHOTO:石丸捷一

このページに関する
お問い合わせは

土木部 建築課 アートポリス・UD班
電話:096-333-2537
(ID:1681)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.