熊本県

フグの混入に注意!

最終更新日:
フグの混入に注意!!
 スーパーなどで販売された小魚(小あじ、イワシ等)の中に毒性を持つ恐れのあるフグの幼稚魚が混入する事例が多くみられています。見た目が異なる魚を発見した場合には、安全のため除去し、誤って食べることがないようにしましょう!
 
【フグは食べたら危ないのか?】
 ・フグは筋肉、内臓、皮膚、血液の一部または全部にテトロドトキシンという毒を持っていることがあり、中毒症状を引き起こす可能性がある。
 ・食後20分から3時間程度の短時間でしびれや麻痺症状が現れる。麻痺症状は口唇から四肢、全身に広がり、重症の場合は呼吸困難で死亡することがある。
 ・フグは幼稚魚でも毒がある場合があるので注意が必要。
 
見た目が異なる魚を誤って食べ、体調に異変を感じたら直ちに医療機関を受診しましょう。

 

詳しい情報は、農林水産省のホームページをご参照ください。

 

このページに関する
お問い合わせは

健康福祉部 健康危機管理課
電話:096-333-2239
ファックス:096-387-0167
メール kenkoukiki@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:16663)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.