熊本県

避難所における感染症対策について

最終更新日:

  • 避難所における感染症予防について

 

 避難所を含む被災地では衛生状態が悪化し、感染症がまん延しやすい状況になります。手洗い・手指消毒等の一般的な感染症予防を心がけてください。

  ■風邪・インフルエンザ等の呼吸器感染症

  ・咳やくしゃみをする時は、周りの人から顔をそむけましょう。

  ・咳が出るときはマスクを着用しましょう。

  ・外から帰った際は、手洗いまたは手指消毒をしましょう。

 ■ノロウイルス等感染症

  ・食事の準備や食事の前、トイレの後は丁寧な手洗いを心がけましょう。手を洗えない場合は、手指消毒で代用しましょう。

  ・排泄物や吐物、おむつの処理は素手で行わないようにしましょう。汚染されたものの消毒は、塩素系の消毒剤(ハイタ-など)を使用しましょ  

   う。(消毒用の次亜塩素酸ナトリウム液の調整方法については、PDF こちら 新しいウィンドウで(PDF:120.7キロバイト)をご覧ください。)

 ■レジオネラ症

  ・レジオネラ菌は、河川・土壌などに広く存在するため、災害後のがれきの撤去作業等で吸入し、感染する恐れがあります。

  ・特に、高齢者での発生が多く、重症化すると死亡する場合もありますので、注意が必要です。

  ・作業を行う際には、マスクを着用するなどして予防しましょう。

 ■破傷風

  ・破傷風は、けがの傷口が土などで汚れていると感染します。

    土の中には破傷風菌が存在しています。けがを負い、傷口から破傷風菌が侵入した場合に、破傷風に感染することがあります。

  ・傷口が土などで汚れたり、がれきなどでけがをした場合には、傷口をよく洗い、医師の診察を受けましょう。

 

 また、避難所等での感染症をまん延させないために、以下を参考にトイレの清潔を保つようにしましょう。

このページに関する
お問い合わせは

健康福祉部 健康危機管理課
電話:096-333-2239
ファックス:096-387-0167
メール kenkoukiki@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:15514)

別ウインドウで開きます このマークがついているリンクは別ウインドウで開きます

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.