熊本県

~ノロウイルス対策について~

最終更新日:

 避難所での集団生活では、嘔吐下痢症や食中毒の集団発生が心配されます。

   ノロウイルスは、口から体内に入り感染します。

 日ごろから、外出後、調理前、食事前、トイレ後などには、必ず液体石けんで手を洗う習慣を身につけ感染を予防しましょう。

 また、二次感染を防ぐため、患者のふん便やおう吐物の処理にあたっては、使い捨ての手袋及びマスクを着用するなど十分に注意してください。加え

   て、汚物を処理した後は、液体石けんで手を洗うとともに、うがいもしましょう。

 

 消毒液(次亜塩素酸ナトリウム液)の調整方法については、次のファイルをご参照ください。 

 

  トイレの清掃手順については、次のファイルを参考にご覧ください。

このページに関する
お問い合わせは

健康福祉部 健康危機管理課 感染症・新型インフルエンザ対策班
電話:096-333-2240
ファックス:096-387-0167
メール kenkoukiki@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:15497)

別ウインドウで開きます このマークがついているリンクは別ウインドウで開きます

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.