熊本県

衛生課のしごと(中央家保)

最終更新日:
 

家畜衛生を推進し、畜産物の安全性を確保するための事業を実施しています

安全でおいしい畜産物をつくるための検査(生産衛生)

  1. 動物由来感染症(人畜共通感染症)の監視検査
    人の健康に影響を及ぼす感染症について、畜産現場での浸潤状況を調査しています
    (クリプトスポリジウムなど)
  2. 動物用医薬品の食品への残留防止に向けた監視及び啓発指導
    医薬品販売業者の検査:医薬品の保管管理や販売実態を立入検査しています
    農場の調査:医薬品の使用実態を調査し、管理方法や記帳等の調査と指導をしています
  3. HACCP方式による衛生管理の普及推進
    生産段階の管理体制を整備しています。HACCP方式を生産段階に導入するために、県内の各地域にモデル農場を設けて普及定着を推進しています
  4. 高品質な畜産物づくりへの支援
    優良種雄牛の作出のための候補牛選定の支援と衛生検査を行っています

 

家畜の生産性を高めるために

  1. 各家畜の慢性的な病気の低減に向けた衛生管理指導
    牛では、呼吸器病を対象に、血液検査、病性鑑定を実施しています
    豚では、呼吸器病を対象に血液検査、出荷豚の内臓検査成績の取りまとめ、病性鑑定を実施しています
    鶏では、呼吸器病を対象に、血液検査や飼養衛生管理基準についての啓発を行っています
  2. 肉用牛繁殖経営における生産性向上を目的とした繁殖検診
  3. 放牧推進(平坦地域からも含む)にかかる衛生指導
  4. 地域における産業動物獣医師の診療供給体制の整備

 

  • 家畜衛生の普及(監視危機管理体制整備対策)

  • 家畜衛生に関する情報提供や会議の開催によって、家畜伝染病への対応の強化を図ります
  1. 県及び市町村担当職員、団体担当職員を対象とした勉強会や研修会の開催
  2. 牛、豚、鶏農場に対する飼養衛生管理の指導
  3. 家畜衛生情報の発信
    鳥インフルエンザや口蹄疫等の発生情報、会議のお知らせ等を発信しています

このページに関する
お問い合わせは

農林水産部 家畜保健衛生所 中央家畜保健衛生所
熊本市南区城南町沈目1666-1
電話:0964-28-6021
ファックス:0964-28-7412
メール chuuoukaho@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:1342)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.