熊本県

熊本県農業試験研究機関設立100周年記念式典を開催

最終更新日:
 明治44年に農事試験場として発足した県の農業試験研究機関が今年で設立100周年を迎え、11月9日(水曜日)に招待者等約110名の出席をいただき、記念式典を開催しました。

 主催者の熊本県を代表し、兵谷芳康副知事が「基礎研究は非常に大切で、今後とも農家と手を携え試験研究に取り組んでもらいたい」との知事挨拶を代読し、続いて熊本県議会の馬場成志議長が「稼げる農業への取り組みの基礎が試験研究である。今後ともこれまでの蓄積を基に新しい技術開発に意欲的に挑戦して欲しい」との御挨拶があり、最後に熊本県農協中央会の園田俊宏会長から、「農業研究センターに対する農家、JAの期待は大きい、今後も御指導をお願いしたい」と御挨拶がありました。

 農業研究センターから大田黒愼一所長が「農業試験研究機関100年のあゆみ」として、組織の変遷や各時代毎の農業情勢やその時々の研究成果を紹介し、最後にこれからの試験研究に向けた新たな施設整備等の取り組みを紹介しました。

 式典に続き、記念講演では、九州沖縄農業研究センター井邊時雄所長から「農業における試験研究の役割~稲育種研究を例に~」と題して講演をいただき、稲育種の歴史、稲作の現状と課題、これからの稲育種についてのお話の後、農業試験研究の役割は食料自給率の向上と消費者ニーズに応えることであり、そのためには関係機関の連携が必要であると結ばれました。

 当日はこれまでの沿革や研究成果のパネル展示、畜産物の即売や牛乳の試飲があり、参加者の皆さんはこれまでの農業試験研究機関の歩みを肌で感じておられました。

 農業研究センター職員もこれまでの先輩方の功績を改めて認識し、今後の研究に邁進する決意を新たにしたところです。

記念式典看板(農業研究センター玄関)の写真

記念式典会場の様子 兵谷芳康副知事のあいさつの様子の写真

記念式典(玄関)

記念式典会場(講堂)の様子

熊本県副知事
 兵谷芳康

馬場成志県議会議長あいさつの様子の写真 熊本県農協中央会園田俊宏会長あいさつの様子の写真

大田黒農業研究センター所長100年のあゆみ紹介の様子の写真

熊本県議会議長
 馬場成志 氏

熊本県農業協同組合中央会会長
 園田俊宏 氏

大田黒農業研究センター所長による
100年のあゆみ紹介

農業試験研究機関100年のあゆみ紹介の写真

講師 九州沖縄農業研究センター所長 井邊時雄 氏の写真

講演会の様子の写真

熊本県農業試験研究機関100年のあゆみ

九州沖縄農業研究センター所長
 井邊時雄 氏

講演会の様子

このページに関する
お問い合わせは

農業研究センター企画調整部
〒861-1113
合志市栄3801
電話:096-248-6423
ファックス:096-248-7039
メール noukenkikaku28@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:1117)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.