熊本県

飼料研究室

最終更新日:

試験研究の概要

  飼料部門では、飼料自給率向上と低コスト生産に向けた生産技術の開発のため、トウモロコシ、イタリアンライグラスの優良品種の選定や飼料用米や未利用資源を利用したTMR飼料などの実用化技術を開発しています。
環境部門では、畜産における環境負荷軽減技術の開発のため、環境規制の強化に対応した畜産排水の水質向上技術を開発しています。
また、畜産農家からの飼料依頼分析及び試験用家畜に供する粗飼料生産も行っています。
トウモロコシの優良品種選定試験ドローンを活用した省力ほ場管理技術の開発

トウモロコシの優良品種選定試験

ドローンを活用した省力ほ場管理技術の開発

発酵TMR飼料の実用化技術の開発畜産排水の水質向上技術の開発

発酵TMR飼料の実用化技術の開発

畜産排水の水質向上技術の開発

飼料生産事業(イタリアンライグラス)飼料生産事業(トウモロコシ)

飼料生産事業(イタリアンライグラス)

飼料生産事業(トウモロコシ)

 

このページに関する
お問い合わせは

農業研究センター企画調整部
〒861-1113
合志市栄3801
電話:096-248-6423
ファックス:096-248-7039
メール noukenkikaku28@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:1079)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.