ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 県南広域本部サイト > 芦北地域振興局 > 土木部 > 令和2年7月豪雨 【災害復旧だより No.12】

本文

令和2年7月豪雨 【災害復旧だより No.12】

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0128035 更新日:2022年3月2日更新

災害関連緊急砂防・急傾斜地崩壊対策事業の進捗報告

 芦北地域振興局土木部では、令和2年7月豪雨により土石流が発生した7箇所(芦北町6箇所、津奈木町1箇所)、及び人家裏の斜面崩壊が発生した3箇所(芦北町)において、災害関連緊急砂防・急傾斜地崩壊対策事業に取り組んでいます。

 それぞれの事業箇所において、令和2年度の事業採択直後から調査・測量・設計に取り組み、地元関係者の皆様への事業説明会や用地交渉を経て、現在、随時工事発注を進めているところです。

 2022年2月末現在の状況をまとめたものがこちらです。
状況とりまとめ


 これまでに、全10事業箇所中9事業箇所において工事の発注を行い(入札公告中の2箇所を含む)、その内、塩尾急傾斜地については、崩壊斜面の対策工事を完了することができました。

 芦北地域振興局としましては、引き続き、未発注箇所の早期工事発注を目指すと共に、工事中箇所については、令和4年度中の対策完了を目指し、工事受注者としっかりと連携を図りながら、安全に工事を進めてまいります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


イベント・募集
観光・歴史・文化
熊本県チャットボット