ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 観光・しごと・産業 > 農業 > 県北広域本部サイト > 鹿本地域振興局 > 農林部 > 【鹿本:農業普及・振興課】岳間米のブランド力向上を目指して(9月)

本文

【鹿本:農業普及・振興課】岳間米のブランド力向上を目指して(9月)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0130135 更新日:2022年3月18日更新

 山鹿市鹿北町岳間地区は、米、茶、栗などの多様な農産物を生産している中山間地域です。農業者の高齢化や地区の農産物の知名度の低さなど、多くの課題を抱えていますが、NPO法人や農事組合法人などの地域を担う組織が、地域活性化を目指して精力的に活動を行っています。

 鹿本農業普及・振興課では、地域活性化のための取組みの一つとして、農事組合法人「岳間の杜」を対象とした「岳間米のブランド力向上」に昨年度から取り組んでいます。今年度は月に1回程度、法人の組合員を集めた稲作の現地検討会を実施し、より密に栽培指導を行いました。結果として、今年は県内全域で病害の多い年となりましたが、早い段階で対処することができ、被害の拡大を抑えることができました。また、7月には食味の向上を目指して、良食味米生産に重点を置いた講習会を開催しました。収穫は9月末から開始されており、収量や食味については、今後調査を行う予定です。組合員からは、「今年はこれまでない程病害が多発し不安だったため、防除指導はとても有難かった。無事に収穫を迎えられて良かった。」といった声が聞かれました。

 今後も、来年度の作付けに向けた検討会や、販路拡大に向けた独自米袋の開発支援等の取組みを予定しています。

 当課では、これからも中山間地域の活性化を目指し、支援を行って参ります。

現地検討会の様子(画像)
現地検討会の様子
講習会の様子(画像)
講習会の様子

イベント・募集
観光・歴史・文化
熊本県チャットボット