ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 観光・しごと・産業 > 農業 > 県北広域本部サイト > 鹿本地域振興局 > 農林部 > 【鹿本:農業普及・振興課】コロナに負けない!!4HC員との「意見交換会」を開催(7月)

本文

【鹿本:農業普及・振興課】コロナに負けない!!4HC員との「意見交換会」を開催(7月)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0129940 更新日:2022年3月18日更新

 山鹿市青年農業者クラブ(以下、4HC)は、若手農業者14名が所属しており、地域農業のリーダーとしての素養を高めることを目的として、視察研修等の活動を行っています。クラブ活動の中でも、「プロジェクト活動※」はクラブ員のスキルアップに非常に有効な活動であり、より実りの多い活動にするために、農業普及・振興課との連携が特に重要になるものです。
 そこで、6月29日に、プロジェクト活動の協議を目的として、4HC主催で、「意見交換会」が開催されました。当日は、感染症対策が実施された上で、クラブ員9名と当課職員12名が参加しました。プロジェクト活動の協議を軸としつつ、農業への思いや日頃の悩み事等について語りあったことで、予定時間を超過するほど盛り上がり、親睦を深めることもできました。
 クラブ員からは、「例年は酒席での開催であり、今回はコロナの影響で初めての取り組みとなったが、非常に良い雰囲気の会だった。皆、担当の普及員としっかり協議することができ、有意義な時間を過ごすことができたと感じる。より良いプロジェクト活動ができるよう、普及員の方々と協力して、頑張っていきたい。」との声が聞かれ、活動意欲の高まりを感じました。
 当課では、コロナに負けないよう工夫しながら、農業の未来を担う4HCの活動を、引き続き支援していきます。


※「プロジェクト活動」・・クラブ員が、農業経営の中で自身の課題を発見し、その解決に向けた取組みを実施する活動。

4HC会長挨拶(画像)
4HC会長挨拶
自己紹介の様子(画像)
自己紹介の様子

イベント・募集
観光・歴史・文化
熊本県チャットボット