ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 林学・林業 > 林学・林業(球磨地域振興局 森林保全課)

本文

林学・林業(球磨地域振興局 森林保全課)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007672 更新日:2020年8月1日更新

今坂正面
後藤 真朋

所属

 県南広域本部球磨地域振興局農林部森林保全課

現在の業務内容

 主に治山事業を担当しています。

今日の業務内容

今坂業務中

  • 8時30分~9時00分 現場監督準備
  • 9時00分~10時00分 移動
  • 10時00分~11時00分 現場監督
  • 11時00分~12時00分 移動
  • 13時00分~14時00分 請負業者との打ち合わせ
  • 14時00分~14時30分 移動
  • 14時30分~17時15分 設計書作成

 この日の午前中は、大雨で山崩れを起こした渓流に治山ダムを建設し、渓流を安定させて更なる災害を防止するための工事の現場監督に行きました。治山ダムの機能を最大限に発揮できるよう、設計通りに工事を実施しているかの確認を段階ごとに行います。自分だけでは判断できないような問題が起きることもありますが、その際は経験豊富な先輩職員や上司の意見を聞き、適切な措置を行うように指示を行います。

今坂業務中(2)

 午後は、新しく工事を受注した業者と必要な手続きや工程について打ち合わせを行いました。工事を安全かつスムーズに行うためにも、工事を始める前から請負業者と綿密な話し合いを行う必要があります。
 打ち合わせが終わった後は振興局に帰り、大雨で山崩れを起こした斜面を復旧する工事の設計・積算を行いました。設計コンサルタントの作成した図面等をもとに、各種基準に基づいて、工事に必要な資材の数量や施工方法について精査し、設計書を作っていきます。慣れないうちは大変な仕事ですが、自分が担当した治山施設が完成し、機能を果たしている様子を見るたびに、やりがいを感じます。

 林学・林業職は、私が担当している森林土木工事のほかにも、森林整備、林業振興、木材流通、普及活動、自然保護、研究等様々な業務を行う職種です。幅広い業務を担当しますが、森林・林業について幅広い知識を身に着けることができます。森林が多く、林業が盛んな熊本県でいろんな経験をしてみたいという方は、是非とも本県にいらっしゃてください。

(12月18日)


熊本県の戦略

職員案内パンフレット