ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 水産 > 水産(天草広域本部 水産課)

本文

水産(天草広域本部 水産課)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007660 更新日:2020年8月1日更新

池崎氏
池崎 公亮

所属

 天草広域本部農林水産部水産課

現在の業務内容

 漁船や釣り船業者の登録、漁業の許認可等を担当しています。

今日の業務内容

池崎氏 業務中1

 午前中は、漁業許可の事務処理を行いました。熊本県では、網やかごを使った漁業やたこつぼを使った漁業などは、知事の許可を受けなければ営むことができません。許可を受けるために、漁業者は所属している漁業協同組合を通して、水産課へ申請書を提出します。申請された内容に間違いがないか、適正であるか等の書類のチェックを行い、修正や確認が必要であれば、漁業協同組合の担当者へ電話して修正が必要な点について指示をします。申請に不備がなく、許可できるものだと判断されれば受理して手続きを開始し、許可証を発行します。

池崎氏 業務中2

 午後は、船を計測する業務を行いました。漁業に使う船は、漁船として登録しなければなりません。漁船の登録には、船名、エンジンの馬力数、船の長さ、トン数等が必要です。トン数とは、船の長さ、幅、深さ等の数値から計算された容積のことです。トン数は実際に船を計測しなければ決定できないため、造船所へ行き、新造された船の長さ等を巻尺を使って計測しトン数を決定します。総トン数が決定されると、船の所有者から漁船登録の申請がされ、漁船登録票が交付されます。
 私の担当する業務は、事務所内での業務が多いですが、総トン数測度や漁船の検査などの業務のため外へ出かけることもあり、いろいろな経験を積むことができます。

(9月12日)


熊本県の戦略

職員案内パンフレット