ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 保健師 > 保健師(医療政策課)

本文

保健師(医療政策課)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007656 更新日:2020年8月1日更新

西條氏 正面
西條 英恵

所属

 医療政策課

現在の業務内容

 保健師の人材育成に向けた体制整備や質の向上に向けた研修、看護職員の確保・定着に向けた啓発などを担当しています。

今日の業務内容

西條氏 説明会

  • 8時30分~9時00分 メール確認、説明会資料最終確認
  • 9時00分~10時00分 説明会会場設営、受付
  • 10時00分~12時00分 説明会(1)
  • 13時00分~15時00分 保健師の人材育成研修会の準備
  • 15時00分~17時15分 説明会(2)、後片付け

西條氏 打ち合わせ

 熊本県では、全国よりも早く高齢・多死社会が進んでいる影響もあり、看護職員の不足により、十分な医療や介護を提供できなくなる可能性があります。そのため、熊本県で働く看護職確保に向け、多くの人に看護の魅力を知ってもらう高校生の一日看護体験や県内の看護学生への看護の現状に関する説明会などを行っています。今日は、将来熊本県で看護職として働く人を対象とした奨学金である「熊本県看護師等修学資金」の説明会を行ったところ、午前・午後合わせて100名を超える看護学生が参加してくれました。
 また、午後は、保健師の人材育成研修会の準備として、受講者の名簿のとりまとめや、提出された事前課題の確認、講師との調整を行いました。今回の研修会では、主に新人保健師を対象として、保健活動の基礎となる地域診断の研修会を行います。安全・安心・健康に暮らせる地域づくりには、自治体で働く保健師は専門職として貴重な存在となりますので、しっかりと準備を行い、実りある研修会にしたいと思います。

(8月16日)


熊本県の戦略

職員案内パンフレット