ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

畜産(畜産課)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007643 更新日:2020年8月1日更新

大坂正面
大坂 祐里佳

所属

 畜産課

現在の業務内容

 畜産(肉用牛・乳用牛・馬・豚・鶏・蜜蜂)の生産振興に関する仕事や、種畜検査、家畜商などを担当しています。

今日の業務内容

大坂業務中

  • 8時30分~8時45分 メールチェック
  • 9時00分~12時00分 補助事業関係の書類確認・関係機関との連絡調整
  • 12時00分~16時00分 臨時種畜検査(出張)
  • 16時00分~17時15分 種畜証明書交付事務

 午前中は事務仕事です。私は、県産地鶏「天草大王」ブランドの普及・定着や、肉用牛・乳用牛などの改良、養蜂振興等に関する補助事業を担当しています。今日はそれぞれの事業が適正に実施されているか、書類の確認を行いました。また、現状を確認するとともに、関係機関に連絡をとり、次年度の活動の方向性について検討を行いました。

大坂業務中(2)

 午後は種畜検査で球磨に行きました。牛などの家畜を種畜として利用するためには、種畜検査に合格し、種畜証明書の交付を受けていなければなりません。本日検査を行ったのは黒毛和種1頭です。発育、病歴や、事前に家畜保健衛生所が行った衛生検査結果等を確認し、種畜として利用の可否を判断します。本日検査を行った牛は、いずれも問題なく合格で、種畜証明書を交付することができました。
 畜産物のブランド化や家畜の改良はすぐに結果が出るものではありませんが、継続的に行うことが熊本県の畜産農家さんの経営安定、熊本県の畜産の発展へつながると信じて毎日仕事を行います。

(3月20日)


熊本県の戦略

職員案内パンフレット