ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 教育行政・教育事務 > 教育行政・教育事務(教育庁 学校人事課)

本文

教育行政・教育事務(教育庁 学校人事課)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007629 更新日:2020年8月1日更新

坂梨氏正面
坂梨 俊輔

所属

 教育庁教育総務局学校人事課

現在の業務内容

 学校事務職員の研修に関することや、市町村立学校の旅費支払い、熊本市を除く学校の児童手当関係の業務を行っています。

今日の業務内容

坂梨氏 状況写真2

 午前中は、各学校の旅費支払いのための審査や、児童手当業務に関する照会事項等への対応を行いました。
 市町村立学校の教職員の旅費支払いに当たり、適正な支給を行うための審査を行います。
 また、児童手当については、熊本市を除く全市町村立学校及び県立学校の教職員についての支払い処理や各学校へ国の法令に関する通知等を行います。

 午後は、出前研修へ出向きました。
 各学校の事務職員から要望のあったテーマについて研修を行うほか、業務に関する意見交換等の時間も設け、学校現場の実情を把握し、今後の事務処理の見直しや簡素化に向けて検討を行っていきます。
 出前研修の他に、経験者研修等での研修も行います。

 また、7月から8月にかけては、教員採用試験の役員業務にも携わります。

坂梨氏 状況写真1

 私は、採用後、県立学校、市町村立学校(中学校)、そして教育委員会事務局での勤務を経験してきました。
 私たちの仕事は、子どもたちの教育に携わる仕事ですが、学校現場の教員と違う視点で、「どのようにすれば学校をもっと良くできるか」、「保護者や地域の方から信頼される学校になるためには何をすれば良いか」等の課題に、予算等の面で取り組むことができます。

 「教育行政・教育事務」は、どの所属に勤務しても、「すべては児童・生徒のため」という明確な仕事の目的があり、教職員、保護者及び地域の方々とともに、より良い教育環境の整備のためにやりがいを感じながら仕事を行うことができます。

(9月5日)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


職員採用案内パンフレット特設サイトバナー

職員案内パンフレット

熊本県の戦略