ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

建築(住宅課)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007616 更新日:2020年8月1日更新

本人正面
萩尾 洋美

所属

 土木部 建築住宅局 住宅課

現在の業務内容

 災害公営住宅の整備に関する業務を担当しています。

今日の業務内容

業務中1

  • 8時15分~12時00分 南阿蘇村の災害公営住宅起工式
  • 13時00分~16時30分 大津町役場にて災害公営住宅の設計内容の説明会
  • 16時30分~17時15分 メール確認等

 午前中、南阿蘇村に建設する災害公営住宅の起工式に出席しました。起工式とは、住宅の着工にあたり工事の安全を祈願して執り行われるもので、多くの関係者が集まりました。
 災害公営住宅の整備は各市町村が実施するものですが、村の業務軽減を図るため、一部の団地の整備に関しては、県が村に代わり工事を発注しています。その発注業務が私の仕事です。
 今回の団地の完成は12月末を予定しており、完成に向かって、工事業者、設計者、村の担当者など、関係者が一丸となって力を合わせ、知恵を出し合い、良いものを造ろうと頑張っています。
 今日は、関係者が怪我なく事故なく、安全に工事が進むよう祈りました。

業務中2

 午後は、大津町の災害公営住宅に関して、役場で設計説明会を行いました。
 こちらも、町に代わって県で設計を発注しています。説明会では設計者が考えたいくつかの案について、町の担当者に対して説明された後、ディスカッションが行われました。
 本日の内容については、後日、町長に説明が行われ、最終的に住棟の配置や平面プランが決定する予定です。
 帰庁後、メール処理等を行って、一日の業務を終了しました。
 (総括)どこの現場もそうですが、皆が熊本の復興のために頑張っています。仕事の内容には大変やりがいを感じています。本日は、災害公営住宅の整備が着実に進んでいることを実感できる一日でした。

(7月5日)


熊本県の戦略

職員案内パンフレット