ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 看護師 > 看護師(こども総合療育センター)

本文

看護師(こども総合療育センター)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007601 更新日:2020年8月1日更新

本人写真
​山下 小百合

所属

 こども総合療育センター

現在の業務内容

 障がいのある子ども達の看護、療育を行っています。

今日の業務内容

業務中1

 今日は整形外科担当のリーダーでした。

 担当した子どもたちは主に、整形外科的手術や訓練を目的として入院しています。
 まず朝一番に、スタッフ間で申し送り、カンファレンスを行った後に業務が始まります。
 子どもたちは、いつもは病院に隣接している支援学校に通っていますが、今日は春休みのため病棟で過ごします。午前中は主に環境整備、医療処置、水分補給を行います。ベッドで過ごすことの多い子どもは、車いすに乗ったり、好きな音楽を聴いたり、おもちゃで遊べるように環境を整えました。
 12時20分から、子どもたちの昼食が始まりますので、職員はその前に休憩に入ります。昼食は1時間ほどあり、今日は好きなメニューだったのか、みんなおいしそうにたくさん食べてくれまた。

業務中2

 午後からはギプスの巻き替えがあり、介助に入りました。

 14時半から子どもたちの楽しみにしている、おやつがあります。今日は天気が良かったのでおやつの後は、病院の外にある桜を見に子どもと散歩に行きました。満開の桜を見て、とても喜んでいました。
 その後は子どもたちのお風呂の準備や、他のスタッフの補助に入り、最後に準夜勤務のスタッフに申し送りをして業務を終了しました。

 子どもたちと過ごす毎日は、とても楽しく、私自身も元気をもらっています。また、手術や日々の訓練を頑張り、良くなって笑顔で退院していく子どもたちを見ることにやりがいを感じています。

(3月26日)


熊本県の戦略

職員案内パンフレット