ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 警察官 > 警察官(警察本部 鑑識課)

本文

警察官(警察本部 鑑識課)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007595 更新日:2020年8月1日更新

掲載(1)
先輩職員

所属

 鑑識課 機動鑑識班

現在の業務内容

 犯罪の現場や証拠品から、様々な手法を用いて指紋や足跡、DNA資料などの採取をしています。
 また、犯罪の目撃者の証言を基に似顔絵を描いたり、新たな鑑識資料の検出方法の研究をしたりもしています。

今日の業務内容

掲載(2)

7時30分~ 出勤、先当務員から引継ぎ

9時00分~ 窃盗事件現場での鑑識作業

12時30分~ 昼食休憩

13時00分~ 窃盗事件現場(2件)での鑑識作業

17時00分~ 本部において書類作成

19時00分~ 夕食休憩

20時30分~ DNA資料の採取報告書作成

0時00分~ わいせつ事件の鑑識作業、似顔絵作成

2時00分~ 本部において書類作成

3時00分~ 仮眠

7時00分~ 起床、執務室の清掃

7時30分~ 次当務員に事案引継ぎ、車両の点検

8時30分~ 朝礼、帰宅
※「当務」…3日に1度の24時間勤務、3つの班が交替で勤務する。

掲載(3)

 今日は3件の窃盗事件現場と、深夜のわいせつ事件の現場に行きました。
 窃盗事件は、それぞれの発生場所が近かったため、連続犯も視野に入れて臨み、小さな証拠も見逃さぬよう、細部にまで目を凝らして作業に当たりました。
 わいせつ事件では、動揺している被害者が安心して話ができるよう心を配りながら作業を行いました。

 私の所属する機動鑑識班は、昼夜を問わず発生する事件に対応するため、3交替24時間の勤務体制をとっています。
 深夜の現場など辛く感じることもありますが、事件の早期解決のため、困っている被害者のために日々現場に挑んでいます。

(2月12日)


熊本県の戦略

職員案内パンフレット