ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 化学 > 化学(環境センター)

本文

化学(環境センター)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007528 更新日:2020年8月1日更新

本人正面
内田 大智

所属

 環境センター

現在の業務内容

 環境関連イベント(主として子ども向け)の企画・運営や環境情報の収集・発信の業務を担当しています。

 化学職の職員は、環境の規制行政に携わることが多いですが、環境センターではイベントや講義などを通じて、主に子どもたちに環境を守ることの大切さを伝えていく業務を行っています。

 ※この記事は、平成28年3月に作成したものです。

今日の業務内容

大きいナマコ

  • 8時30分~10時00分 イベント「春のこども祭り」準備
    (9時15分~9時30分 スタッフ全体打合せ)
  • 10時00分~15時30分 イベント開催
  • 15時30分~17時30分 イベント片付け

 環境センターでは、ガラス粒を使った「リ・グラスアート」や「化石レプリカ作り」といったいろいろな制作体験などのイベントを行っています。

 今日は、そんな制作体験が一日で体験できる「春のこども祭り」を開催しました。環境センター主催のイベントの中でも最も多くの方が来館するイベントで、今年は例年より多い750人以上の人に来ていただきました。

磯のいきものタッチプール

 私の担当は「磯のいきものタッチプール」です。水俣湾やその周辺にすんでいるウニやナマコ、貝類などを自由に触ることができます。

 来館した子どもたちは、物怖じせずいきなり大きなナマコをつかみあげる子、腕まくりまでしたものの怖がってなかなか触れない子など様々でしたが、みなさんに楽しんでいただけたようです。

 イベントが終われば後片付けです。今日一日子どもたちを楽しませてくれた生きものたちを海に返しに行きます。

 環境センターは、イベント参加者をはじめとしていろいろな人と接する仕事です。その分成果が見えやすく、やりがいがある職場だと感じています。

(3月21日)


熊本県の戦略

職員案内パンフレット