ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 臨床検査技師 > 臨床検査技師(県南広域本部 試験検査課)

本文

臨床検査技師(県南広域本部 試験検査課)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0194123 更新日:2024年1月26日更新

正面写真

所属

 県南広域本部保健福祉環境部試験検査課

現在の業務内容

業務風景①

​​ 熊本県内で流通している食品の理化学検査、水質検査、水銀検査に関する業務を主に担当しています。
 その他の業務としては、感染性廃棄物の委託契約業務や臨時・非常勤職員の採用や任用に関する補助的な業務などを担当しています。
 理化学検査に関する業務では、HPLC(高速液体クロマトグラフ)を用いて、食品中の食品添加物(保存料や甘味料など)の検査を行います。
 初めて測定機械を見たときには、測定方法や操作方法がわからない状態でとても不安でしたが、上司や業者の方々に助けてもらいながら、操作法を学び、検査を行うことができるようになりました。​

職場の雰囲気や同期との関係

​​ 職場の雰囲気はとても良く、業務でわからないことだけでなく、プライベートに関する相談もとてもしやすいです。
 また、計画を立てて検査業務を行うことができるため、休暇も取りやすい環境です。
 同期の数は少ないですが、業務だけでなく、様々な研修を通して交流する機会があり、とても楽しいですよ!​

未来の後輩へのメッセージ​

 県の臨床検査技師は、臨床検査業務だけでなく食品検査や環境、感染症に関する業務など様々な業務に携わることができます。
 また、県職員は県内で異動があります。新しい職場、職員と新鮮な気持ちで業務ができるのも魅力的だと思います。
 様々な分野で活躍したい臨床検査技師に県職員はおすすめです!​

(10月12日)

 業務風景② 

 ​

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


職員採用案内パンフレット特設サイトバナー

職員案内パンフレット

熊本県の戦略

熊本県チャットボット
閉じる