ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 学校図書館事務 > 学校図書館事務(県立鹿本商工高等学校)

本文

学校図書館事務(県立鹿本商工高等学校)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0144775 更新日:2022年7月29日更新

正面

所属

 鹿本商工高等学校

現在の業務内容

 業務中1

 高校図書館で、貸出・返却、レファレンス(相談対応)、図書の管理(選書・発注、データベース構築、予算管理、フィルム貼りなど)を中心に、先生方や生徒と関わり合いながら図書館運営を担っています。本の廃棄、コーナー展示、広報活動、調べ学習の支援、相互貸借、図書委員会活動等も大事な仕事です。生徒たちが図書館や読書への興味関心を高めていけるように、笑顔で積極的に会話することをいつも心がけています。
 また、本校は熊本県初の内閣総理大臣である清浦奎吾先生の寄贈本「奎堂文庫」を併設しており、古文書の管理や一般公開なども行っています。

印象に残っている仕事

 前任校で熊本地震を経験しました。6万冊の本が散乱し、足の踏み場もない状態でした。図書館は立ち入り禁止となったため、先生方の手を借りて本を救出。一冊一冊ダンボールに詰め込んだことは今でも忘れられません。新図書館が完成したときは、本当に嬉しかったです。現任校では、普通に貸し出しできる喜びを実感しながら日々を過ごしています。

未来の後輩へメッセージ

 司書は本と人を結びつけるお仕事です。本が好きなことはもちろんですが、人が好きだということも司書に必要なことではないかと思います。「図書館に司書がいて良かった。」と思ってもらえるような図書館づくりを一緒にしませんか?

業務中2

(10月8日)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


職員採用案内パンフレット特設サイトバナー

職員案内パンフレット

熊本県の戦略

熊本県チャットボット