熊本県熊本県職員採用ガイド
熊本県職員採用ガイド
サイト内検索

熊本県職員に関するよくある質問Q&A

最終更新日:

 熊本県職員に関するよくある質問について、以下のとおりQ&Aを作成しました。
 この他に質問したいことがありましたら、お気軽に熊本県人事委員会事務局までお問い合わせください。


【お問い合わせ先】 

 熊本県人事委員会事務局 電話:096-333-2733

 

Q1.県庁の仕事内容はどのようなものですか?
 「災害に強く、誇れる資産(たから)を次代につなぎ、夢にあふれる新たな熊本の創造」を実現するため、2019年度までの県政運営の基本方針となる「熊本復旧・復興4カ年戦略」に基づいて創造的復興に取り組んできました。この戦略では、「安心で希望に満ちた暮らしの創造」「未来へつなぐ資産の創造」「次代を担う力強い地域産業の創造」「世界とつながる新たな熊本の創造」という4つの方向性に沿った施策を掲げています。
 詳しくは、「熊本復旧・復興4カ年戦略」別ウィンドウで開きますをご確認ください。
 また、職種ごとの仕事内容はこちら別ウィンドウで開きます、職員の1日の仕事の様子はこちら別ウィンドウで開きますをご覧ください。
 

Q2.県庁の組織はどうなっていますか?
 知事部局には総務部や企画振興部など9部局が設置されているほか、教育委員会や企業局などがあります。
 詳しくはこちら別ウィンドウで開きますをご覧ください。
 

Q3.勤務条件や福利厚生について教えてください。
 完全週休2日制であり、年間20日間(※)の年次有給休暇や5日間の夏季休暇(6~9月)があります。知事部局の場合、平成30年度の年次有給休暇の取得実績は平均12.1日、夏季休暇は原則5日間すべて取得しています。
 また、熊本市を含めた県内5地区に職員住宅が設置されています。
 詳しくはこちら別ウィンドウで開きますをご確認ください。
 ※ 4月1日採用の場合、採用1年目は15日
 

Q4.育児休業制度や復帰後の仕事について教えてください。
 育児休業は子どもが3歳になるまで取得でき、1歳になるまでは共済組合から育児休業手当金の支給があります。熊本県庁の女性職員の育児休業取得率は100%であり、大変利用しやすい制度になっています。また、育児休業中は職場に代替職員が配置されますので、職場のことを心配する必要もなく、育児に集中できます。なお、職場復帰後も「育児短時間勤務」や「子の看護休暇」等の様々な制度により、仕事と育児を両立できる環境を整えています。
 詳しくはこちら別ウィンドウで開きますをご確認ください。
 

Q5.県庁では「働き方改革」に向けてどのような取組が行われていますか?
 パソコンの稼働時間を記録することにより、上司が時間外勤務をすべて把握しているので、サービス残業はありません。
 また、ワーク・ライフ・バランスの推進等を目的に時差出勤の制度があり、通常8時30分から17時15分までの勤務時間を、例えば7時30分から16時15分まで、9時30分から18時15分までの勤務とすることもできます。
 

Q6.給与体系はどのようになっていますか?
 初任給は大学卒業程度の場合、188,700円(平成31年4月1日現在、職歴等に応じて加算あり)ですが、期末・勤勉手当が年2回支給されるほか、通勤手当や扶養手当、住居手当等の諸手当が支給されます。
 また、原則として毎年1回定期昇給があり、人事評価による昇給も行われています。
 

Q7.転勤・異動は大変ですか?
(1)異動について
 部局によって異なりますが、知事部局の場合、概ね3~5年に一度異動があります。
 異動してすぐに前任者から業務の引継ぎを受けますし、マニュアルや業務引継書があるので、何をいつすれば良いかが分かるようになっています。

 行政職の場合、異動により様々な分野(観光や福祉、農政、土木等)を経験することになり、心配される方も多いですが、すぐに慣れますし、どの職員も数か月後にはその分野のエキスパートになり、自信を持って仕事を行っています。
 また、担当する業務によって求められる能力(対話力、法律解釈力、資料作成能力等)が違ってくるので、様々な部署を経験することで、様々な能力を身に付け、人として成長することができます。

  

(2)転勤について
 出先機関(阿蘇、八代、天草等)に配属されることもありますが、多くの地域に熊本市内から1時間程度で通勤することができますので、引越しが必要な異動はそれほど多くありません。
 

Q8.新人の教育体制について教えてください。
 新たに熊本県職員となった方(新規採用職員)には、配属先の先輩職員が「新採トレーナー」として、新規採用職員をフォローします。業務内容やプライベートなことまで、社会人生活をスタートするうえで気軽に相談できる体制を作り、支援しています。
 また、新規採用職員は、前期、中期、後期と年3回の研修があります。前期研修では、宿泊研修も予定されており、同期との横のつながりが深まります。
 社会人生活をスタートするうえで、不安は多々あるかと思いますが、不安を解消できるよう、県として研修制度の充実や新採トレーナー制度等の取組みを行っていますので安心してください。
 

Q9.市町村との仕事の違いは何ですか?
 市町村にはたくさんの窓口があり、基礎自治体として住民に近いところで、住民に密着した仕事を行います。それと比較して、県は県全体の方針を定める政策的な仕事を行ったり、広域自治体として県内市町村のとりまとめや、国と市町村の橋渡し役のような仕事を行います。その一方で、県職員も出先機関の配属となると、用地取得の交渉や、福祉のケースワークなど住民に密着した仕事もあります。
 

Q10.県外出身者の方もいますか?
 熊本県内の大学に進学、近隣県出身、熊本県が行っている事業に興味があるなどの理由で、熊本県職員となられた県外出身者の方も多くいます。
 

Q11.どのような人材を求めていますか?
 熊本県は、県民の幸福量を最大化するため、「チームくまもと」として、力を合わせて震災からの創造的復興に取り組んでいます。熊本県庁では、その原動力となる、自ら考え行動し、成長のために努力する、チャレンジ精神あふれる方を求めています。
 

Q12.熊本県職員・警察官採用試験の特徴について教えてください。
 リセット方式や選択解答制を導入しています。

 <リセット方式>
 ・各試験の得点を次の試験に引き継ぎません。
 ※ 第1次試験の結果は第2次試験及び第3次試験に、第2次試験の結果は第3次試験に反映されません。

   最終合格は、第3次試験の結果で決まります。

  

 <選択解答制>
 ○職員採用試験(大学卒業程度・免許資格職(前期))
 ・教養試験(第1次試験)において、選択解答制を導入しています。
  主に知識分野:20題出題→10題解答(選択解答)
  主に知能分野:30題出題→30題解答(必須解答)

  

 ○職員採用試験(大学卒業程度)
 ・専門試験(第1次試験)において、選択解答制を導入しています。
  (1)「行政」、「警察行政」、「教育行政」
   80題出題中、10題必須解答+30題選択解答
   詳しくは こちら(PDF:495.1キロバイト) 別ウインドウで開きますをご覧ください。

  

  (2)「総合土木」
   60題出題中、20題必須解答+20題選択解答
   詳しくは こちら(PDF:698.4キロバイト) 別ウインドウで開きますをご覧ください。

 

 ※ 選択解答制により、勉強する分野を絞ることができ、受験勉強の負担軽減にもなりますし、試験当日に問題を見てから自分の得意な問題を選ぶこ     

  ともできます。

このページに関する
お問い合わせは

各種委員会 人事委員会事務局
電話:096-333-2733
ファックス:096-387-4813
メール jinikoumu@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:31846)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県人事委員会事務局
〒862-8570 熊本市中央区水前寺6丁目18番1号(県庁行政棟本館3階)
TEL:096-333-2733 FAX:096-387-4813
E-mail:jinikoumu@pref.kumamoto.lg.jp
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.