ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 農業大学校 > 農業大学校 畜産学科「尾の保定・繋留」技術の習得

本文

農業大学校 畜産学科「尾の保定・繋留」技術の習得

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0097403 更新日:2021年5月21日更新

ロープワーク実習

 畜産学科の1年生は、農大へ入学して一か月以上経過した現在、午前の講義や午後の経営実習に対して意欲的に取り組んでいます。

 梅雨に入り、天気が悪い日が続いているなか、畜舎内でロープを使った牛の保定技術の習得に励んでいます。これは、畜産を学ぶうえで必須な技術であり、人や牛を危険から守るために重要なスキルです。

 
尾の保定実習
尾の保定技術
 学生には習得した技術をどんどん活用し、さらに上達することを期待しています。
もやい結び
牛の繋留時に用いる「もやい結び」の練習