ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 農業大学校 > 農業大学校 農産園芸学科果樹コースの校外研修(ナシせん定技術の習得)

本文

農業大学校 農産園芸学科果樹コースの校外研修(ナシせん定技術の習得)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0076185 更新日:2020年12月9日更新
 去る12月4日金曜日、農産園芸学科果樹コース2年生6名、1年生12名は、校外研修を宇城市松橋町の県果樹研究所で実施しました。
 ナシの研究員から「新高」の特性の説明を受け、その後、安定生産のためのせん定方法を習い、学生たちは、開心自然形の樹形を基本に、古くなった側枝の更新、予備枝の設置等の実習を行い、せん定のコツが理解出来たようでした。
 今後、学生たちは、校内のナシ園のせん定を行い、ナシの生理生態に応じたせん定技術の習得を行う予定です。
ナシ剪定の概要
ナシ剪定の実践
実習の様子