ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 農業大学校 > 農業大学校 花きコース1・2年生が視察研修に行ってきました

本文

農業大学校 花きコース1・2年生が視察研修に行ってきました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0000610 更新日:2020年8月1日更新

 平成31年1月24日午後、菊池市にある住化農業資材株式会社熊本試験農場で開催されている「2019年(冬)SUMIKAリシアンサス展示会」に花きコース1・2年生が行ってきました。「リシアンサスは聞いたことがない」という人も多いと思いますが、熊本県が生産量日本一を誇るトルコギキョウのことです。当日はブリーダー(育種家)の谷口さんから、トルコギキョウの育種についての話や、展示してある品種の特徴や栽培特性等を丁寧に説明していただきました。プロジェクトでトルコギキョウを栽培した学生は、100を超える品種が綺麗に開花している状況を見ながら感心しきりでした。他の学生たちも、谷口さんの話を興味深く聴きながら多くの花の写真を撮影して、次年度栽培してみたい品種の話などをしていました。

 人々のくらしを豊かにし、みんなを笑顔にする花、そのような花の生産者や花に携わる職業人の育成に今後も取り組んでいきます。

 最後になりましたが、視察研修を受け入れてくださった住化農業資材株式会社の皆様ありがとうございました。

農業大学校 花きコース1・2年生が視察研修に行ってきましたの画像1農業大学校 花きコース1・2年生が視察研修に行ってきましたの画像2