ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 農業大学校 > 農業大学校 6次産業化先進事例視察研修に行ってきました!

本文

農業大学校 6次産業化先進事例視察研修に行ってきました!

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0000609 更新日:2020年8月1日更新

 平成31年1月23日午後、食品加工実習の一環として農産園芸学科花きコースと果樹コースの1年生が6次産業化先進事例視察研修として、合志市にある「株式会社 峯樹木園」と「有限会社 高司農園」に行ってきました。峯樹木園では取締役会長の峯 隆吉様から、樹木の研究をするうちに着目した「桑の葉や実の優れた機能性」を生かした商品作りや、蚕の周年無菌全齢人口飼料飼育法の取組み等についてお話を伺いました。学生に対して、「農業はとても魅力がある。アイデア次第で可能性はどんどん広がっていく。グローバルな視点を持ってチャレンジしてほしい。」と熱く語って頂きました。

 高司農園では代表取締役の高司 秀一様から、農園の歴史や法人化に至るまでの取り組み、約2ヘクタールの農園で「環境にやさしい果樹園づくり」や生産品を使った商品作り等についてお話を伺いました。また、農大の先輩でもある高司 倫太郎様から農場の説明と、「自分に必要な情報はお金と時間をかけて集めること」、「仕事を楽しくするのも嫌々ながらするのも自分次第」など農業をやっていく上での心構えについても伺いました。

 学生の皆さんが、今回の研修で学んだことをこれからの学生生活や将来の農業経営に生かし、お世話になった研修先に恩返しができるよう成長してくれることを期待しています。

 最後になりましたが、お忙しい中研修を受け入れてくださった「株式会社 峯樹木園」様、「有限会社 高司農園」様、ありがとうございました。

「株式会社 峯樹木園」での研修風景の画像1「株式会社 峯樹木園」での研修風景の画像2
「株式会社 峯樹木園」での研修風景

「有限会社 高司農園」での研修風景の画像1「有限会社 高司農園」での研修風景の画像2
「有限会社 高司農園」での研修風景