ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 農業大学校 > 農業大学校 “新型農業用ドローンの操作を体験”

本文

農業大学校 “新型農業用ドローンの操作を体験”

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0000580 更新日:2020年8月1日更新

 4月22日、農業の新技術である農業用ドローンの現状について学ぶことを目的に、農産園芸学科及び野菜学科の2年生52名を対象に講座を開催しました。有限会社ミドリ代表の上原泰臣氏に「新型農業用ドローンの現状~スマート農業の急先鋒~」というテーマで講演していただき、その後グラウンドに移動し、2台の農業用ドローンを使って学生代表10名が操縦体験を行いました。10aの水田に薬剤散布するのに準備から散布まで約2分間で終わってしまうことに参加した学生も驚いていました。また、「自分でドローンを作ってみたい」、「農業を始めたら使ってみたい」などの声もあがり、充実した講座となりました。

「農業用ドローンの現状」について講演 の画像
「農業用ドローンの現状」について講演

操縦体験の画像1
操縦体験

操縦体験の画像2
操縦体験