ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 農業大学校 > 農業大学校 平成30年度熊本県家畜人工授精師講習会開催

本文

農業大学校 平成30年度熊本県家畜人工授精師講習会開催

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0000574 更新日:2020年8月1日更新

 3月13日、熊本県家畜人工授精師協会主催の講習会が、本校で実施されました。この講習会は、県内の家畜人工授精師のスキルアップのために毎年実施されているものです。今年度は、超音波検査よる妊娠鑑定や卵巣の状態確認についての内容に特化され、午前中は宮崎大学農学部獣医学科の大澤健司教授の講演、そして午後は、肉用牛コースの牛を教材に超音波機器の取扱いや画像分析等の実技研修が行われました。また、経営実習中の学生も見学させていただき、2年次にチャレンジする家畜人工授精師の資格取得に向けた良い学習の機会になりました。

演題「人工授精師のための超音波検査」の画像
演題「人工授精師のための超音波検査」

受精済みの繁殖牛を用いての超音波診断の画像
受精済みの繁殖牛を用いての超音波診断

30名を超える県内の人工授精師が参加の画像
30名を超える県内の人工授精師が参加