ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 農業大学校 > 農業大学校 研究科生 『牛の受胎確認』技術実習

本文

農業大学校 研究科生 『牛の受胎確認』技術実習

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0050205 更新日:2020年10月1日更新

 本年度、農学部研究科には3名の研究科生が在籍しており、自ら設定した研究課題について計画的に調査研究を行っています。

 その中の一人、今春畜産学科を卒業した市原さんは、褐毛(あかげ)和種の放牧をテーマにした研究を実践しているため、我が家がある阿蘇市波野と農大を行き来しています。

 7月9日木曜日午後は農大の農場で実習を行い、超音波診断装置(エコー)を用いて褐毛和種が妊娠しているかの確認(空胎確認)に励む姿が見られました。

プローブの操作方法について指導を仰ぐ市原さんの画像
プローブの操作方法について指導を仰ぐ市原さん

超音波診断装置を用いての実践の画像
超音波診断装置を用いての実践(その他のファイル:14KB)

画像を見ながらの妊娠鑑定
画像を見ながらの空胎確認