ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 農業大学校 > 農業大学校 花きコース 農高とスマート農業に関する遠隔一斉授業を実施

本文

農業大学校 花きコース 農高とスマート農業に関する遠隔一斉授業を実施

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0143327 更新日:2022年7月13日更新
 花きコースは、シクラメンを対象作物として、県内の全農業高校と連携して「スマート農業実証事業」に取り組んでいます。その一環として、7月7日(木曜日)に、IT関連事業者と農大の先生がタッグを組み、スマート農業に関する遠隔一斉授業を行いました。
 授業では、IT関連の講師から、スマート農業に取り組んでいる生産者の優良事例の紹介と、今年度「シクラメンの葉数を数えるAI(人口知能)の開発」に取り組む上でのAIの活用方法について説明がありました。
 また、農大の先生においては、各種センサーをインターネットとつないで、どこにいてもハウス内の環境条件が正確に把握できるなど、AIの活用と併せて、農業がいろいろと取り組みやすくなることを、高校生にも理解しやすいよう工夫をして授業を行いました。                           
遠隔一斉授業