ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 農地・担い手支援課 > 農地転用許可制度について

本文

農地転用許可制度について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0000516 更新日:2020年8月1日更新

 農地法が改正されたことに伴い、平成28年4月から制度が一部変更となりました。
 主な変更点は次のとおりです。

  • 4ヘクタールを超える農地転用に係る事務・権限は、国(九州農政局)との協議を付した上で、都道府県に移譲。
  • 2ヘクタールを超え4ヘクタール以下の農地転用に係る国(九州農政局)との協議は廃止。
  • 農地転用の都道府県知事の許可に際して、農業委員会は都道府県知事等に意見を送付することとするとともに、農業委員会は意見を述べようとする場合で30アールを超えるときには、あらかじめ、都道府県農業委員会ネットワーク機構(農業会議)の意見を聴かなければならない。

農地転用許可制度

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)