ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 農産園芸課 > JA熊本果実連からのナシ「秋麗」の贈呈および全国ナシ研究大会開催報告(熊本県庁)

本文

JA熊本果実連からのナシ「秋麗」の贈呈および全国ナシ研究大会開催報告(熊本県庁)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007346 更新日:2020年8月1日更新

8月19日JA熊本果実連からのナシ「秋麗」の贈呈

 8月19日(月曜日)、蒲島知事はJA熊本果実連の橋本代表理事会長からナシ「秋麗」の贈呈を受けました。

 ナシ「秋麗」は、非常に甘く美味しいのが特徴で「くまもとの顔」となる特徴ある品種として位置づけ、全国に先駆けて産地化を行い、熊本県が全国1位の生産量となっており、これから8月下旬に出荷の最盛期を迎えます。

 また、再来年の令和3年に熊本県で全国ナシ研究大会開催が開催されることが決定したことから、大会の成功に向けて、県への協力依頼がありました。

 試食の後、知事は、「甘くておいしい。」と感心され、令和3年の全国ナシ研究大会で熊本ナシの美味しさを大いにPRし、消費の拡大と生産者の所得向上につなげて頂きたいと励まされました。

JA熊本果実連からのナシ秋麗の贈呈