ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 農産園芸課 > 生産出荷近代化計画の変更について

本文

生産出荷近代化計画の変更について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0132333 更新日:2022年4月8日更新

野菜生産出荷安定法(昭和41年法律第103号)第9条第1項の規定により、下記のとおり生産出荷近代化計画を変更しましたので、その概要を公表します。

令和4年(2022年)3月31日  農産園芸課


1  野菜指定産地名 宇城熊本
(1)区域
   熊本市(旧天明町の区域)、宇土市及び宇城市(旧豊野町の区域を除く)
(2)指定野菜の種別
   夏秋トマト
(3)生産出荷近代化計画の変更年月日
   平成30年(2018年)12月28日
(4)指定野菜の生産及び出荷の近代化に関する事項
   病害虫対策及び新品種導入による生産性向上と、
         共同選果場の利用による出荷調整に係る労働力削減を図る。
(5)作付面積、生産数量及び出荷数量に関する事項
   令和5年度を目標年度とする計画は、次のとおりとする。
   作付面積 77ha
   生産数量 2,869t
   10a当たり生産数量 9,901t