ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 農業研究センター > 令和3年度(2021年度)茶業研究所ハイブリッド製茶ライン調査製造モニターの募集

本文

令和3年度(2021年度)茶業研究所ハイブリッド製茶ライン調査製造モニターの募集

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0089670 更新日:2021年3月22日更新

令和3年度(2021年度)茶業研究所ハイブリッド製茶ライン調査製造モニターの募集

 現在、農業研究センター茶業研究所では、当研究所に設置されているハイブリッド製茶ラインを活用した試験研究を行っていますが、併せて生産者によるハイブリッド製茶ラインを使用したモニター調査製造の募集を行っています。県内の茶生産者の方でハイブリッド製茶ラインを使用した新たな商品開発をお考えの方はぜひご応募ください。

1 目 的

 ハイブリッド製茶ラインを使用した新たな商品開発における製造、販売流通情報収集のため

2 対象者

 熊本県内の茶生産者または生産者を主体とする団体組織等

3 時 期

 令和3年(2021年)4月から11月まで
 原則として平日9時から16時までの間

4 主な使用可能製茶機

・加熱蒸気炒り蒸し機
・ネット乾燥てん茶炉
・ローターバン、CTCマシン
・人工萎凋機
・その他生葉カッター、自動乾燥機など当該ラインに含まれる製茶機

5 モニター条件および製造に当たっての主な注意事項

・生葉及び荒茶はモニターによる搬入、搬出をお願いします。
・モニター調査製造は概ね荒茶100kg以内を目安といたします。
・製茶作業及び使用後の清掃は研究所職員の指示によりモニターによって行ってください。
・モニター調査製造後、製品サンプル(500g)を提出してください。
・モニター調査製造後速やかに、製造記録、製品販売先、販売単価、販売後の評価などについてモニター調査報告書を作成してください。
・その他の細目については茶業研究所の指示に従ってください。

6 応募方法

 使用時期及び使用機械の調整のため、茶業研究所に直接ご連絡ください。
 電話番号 096-282-6851(直通)
 担当者 茶業研究所長または研究参事(製造試験担当)

7 モニターの選定

 モニター調査製造に当たっては、応募者の中から内容、製造日程等を考慮したうえで、県がモニターを選定します。

8 応募にあたっての留意点

 新型コロナウイルス感染症および家畜伝染病などの発生状況によっては、募集および受入れを中止する場合がありますのでご了承ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?