ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 商工労働部 > 労働雇用創生課 > 令和2年(2020年)10月1日から熊本県の最低賃金が793円になりました

本文

令和2年(2020年)10月1日から熊本県の最低賃金が793円になりました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0000058 更新日:2020年12月1日更新

令和2年(2020年)10月1日から熊本県の最低賃金が793円になりました

最低賃金のリーフレット

必ずチェック最低賃金!使用者も労働者も

熊本県最低賃金が改訂されました。

時間額793円(令和2年(2020年)10月1日から)

この最低賃金は、県内すべての事業所、労働者に適用されます。

詳しいお問合せは、熊本労働局労働基準部賃金室(096-355-3202)
又は最寄りの労働基準監督署にお尋ねください。

 

令和2年度熊本県最低賃金リーフレット (PDFファイル:1.8MB

 

働き方改革推進支援センターのご案内

 働き方改革推進支援センターは、就業規則の作成方法、賃金規定の見直し、労働関係助成金の活用など「働き方改革」に関連する様々なご相談に総合的に対応し、支援することを目的として全国47都道府県に設置されています。
同センターでは、「業務改善助成金」に関する各種お問合せにも対応しております。 

 熊本県働き方改革推進支援センター 

   〒860-0041 熊本市中央区細工町4丁目30-1 扇寿ビル5階

           Tel:0120-04-1124

ご存じですか?中小企業の最低賃金引上げを支援する業務改善助成金

 事業場内最低賃金を一定額以上引上げ、生産性向上のための設備投資などを行った場合、その設備投資などの費用の一部を助成します。

 助成対象の事業場は、地域別最低賃金(793円)と事業場内最低賃金の差額が30円以内かつ、事業場規模が100人以下の事業場です。事業場内最低賃金が850円未満の事業場の場合、助成率は5分の4、850円を超える事業場は4分の3です。

 さらに生産性要件(※)を満たした場合、事業場内最低賃金が850円未満の場合の助成率は10分の9、850円以上の場合の助成率は5分の4となります。また、引き上げる労働者数により助成額の上限が異なります。

 ※生産性要件とは企業の決算書類から算出した、労働者1人当たりの付加価値をいいます。助成金の支給申請時の直近の決算書類に基づく生産性と、その3年度前の決算書類に基づく生産性を比較し、伸び率が一定水準を超えている場合等に、加算して支給されます。

 【申請先】  熊本労働局 雇用環境・均等室 (096-352-3865) まで。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)