ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 商工労働部 > 労働雇用創生課 > 令和3年度(2021年度)職業能力開発関係厚生労働大臣表彰の受賞者が決定しました!

本文

令和3年度(2021年度)職業能力開発関係厚生労働大臣表彰の受賞者が決定しました!

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0115923 更新日:2021年11月19日更新
 令和3年度(2021年度)職業能力開発関係厚生労働大臣表彰の受賞者が決定しました!

 このたび、厚生労働省において標記被表彰者が決定し、下記のとおり熊本県から2名・1事業所の受賞が決定されました。

 この表彰制度は、認定職業訓練、技能検定及び技能振興の推進に向けて、永年にわたって多大な貢献があり、他の模範になる事業所、団体又は功労者に対して厚生労働大臣が表彰を行うものです。

1 認定職業訓練関係功労者
  木下 顕 氏 (熊本県建設仕上職業訓練校 理事)
 【功績】
 平成16年(2004年)から現在まで熊本県建設仕上職業訓練校の専務理事、副理事長、校長及び理事を歴任し、認定職業訓練校の運営に尽力するとともに、技能者の人材育成に力を注いでいる。
 また、事業主に対し訓練校の必要性を周知し、生徒の募集に尽力するなど、訓練校の発展に寄与している。


2 技能検定関係功労者
 土橋 潔 氏 (元 熊本県立熊本工業高等学校 インテリア科)
 【功績】
 現在まで、計43年間にわたり家具製作及び建具製作職種の技能検定委員として技能検定の適正かつ公正な試験実施に努め、技能の向上、技能者の育成に寄与するとともに、業界・地域経済の発展に寄与している。


3 技能振興関係事業所
 株式会社 花織部 (代表取締役 石岡 重人)
 【功績】
 技能士の働きやすさの改善や処遇向上推進に取り組み、制度面では、技能士手当の支給、技能検定等に向けた練習用花材の割引・練習場所の提供・特別レッスンの実施及びコンテスト等出場日の出勤取扱い等について就業規則に明記するなど他の事業所の模範となっている。