ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 商工労働部 > 商工振興金融課 > 復興事業計画の第五次公募のお知らせ(受付終了)

本文

復興事業計画の第五次公募のお知らせ(受付終了)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0002269 更新日:2018年5月10日更新

復興事業計画の第五次公募のお知らせ

 グループ補助金のグループ認定に係る「第五次公募」及び「補助金申請」の受付を次のとおり開始しますのでお知らせします。
<注意事項>
 補助金申請をお考えの事業者の方で、未だグループに加入されていない場合は、先ず、既存グループへの加入又は新たなグループ形成手続きが必要です。
 なお、事前の相談等につきましては、随時、受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 グループ認定から補助金交付の流れ(PDFファイル:210KB)

ページ更新情報

  • 5月10日(木曜日)
    • 4 公募の詳細
    • 公募要領を更新しました。
  • 4月24日(火曜日)
    • 6 参考資料
    • 「グループ補助金Q&A」の内容を更新しました。
  • 3月19日(月曜日)
    • 4 公募の詳細
    • 公募要領を更新しました。
    • 「公募のポイント」を更新しました。
    • 6 参考資料
    • 「グループ補助金の取り扱いに関する変更点のご案内」を掲載しました。
    • 「復興事業計画の『変更申請』に係る手続きついて」を掲載しました。

1 第五次公募

(1)グループ認定に係る公募期間

 平成30年3月19日(月曜日)~5月31日(木曜日)

  • 1次受付期間 3月19日(月曜日)~3月30日(金曜日)
  • 2次受付期間 4月2日(月曜日)~4月27日(金曜日)
  • 3次受付期間 5月1日(火曜日)~5月31日(木曜日)
    ※平日は、午前9時~午後5時まで。土日、祝祭日は閉庁となります。
    【問い合わせ先】熊本県グループ補助金受付センター
    096-237-6611

(2)受付場所

 〒862-0950
 熊本市中央区水前寺6-5-19 熊本県住宅供給公社ビル4階
 (平成30年4月1日から「熊本県庁会議棟1号館」に名称変更)
 住宅供給公社ビル地図(PDFファイル:14KB)

(3)提出方法

 原則として持参
 ※初回の受付については、共同事業計画等の申請内容について確認しますので、持参してください。受付後の書類差替え等は、メール又は郵送も可。

2 補助金申請

(1)受付期間
 平成30年4月2日(月曜日)から随時受付

(2)受付場所
 上記1(2)と同じ

(3)提出方法
 原則として持参(チェックリストにより添付資料を確認の上受付します。)
※初回の受付については、事業内容や添付資料を確認しますので、持参してください。受付後の書類差替え等は、メール又は郵送も可。

(4)申請対象者
 「災害復旧などの公共工事の影響のため」や「工事業者が見つからないため」等の本人の事情によらない理由でこれまで申請できず、かつ、施設等の復旧工事に係る契約締結を行っていない事業者

(5)遡及適用の廃止
 補助金の対象となる経費は、交付決定後に契約締結した復旧工事に係る経費となりますので、工事契約時期が迫っている事業者の方は早めに申請を行ってください。

 ※上記2(4)及び(5)については、第五次公募で認定を受けるグループの構成員に限らず、第一次公募から第四次公募で認定を既に受けているグループの構成員についても適用となります。

3 相談票による相談

 相談票による相談

 メール又はFax、電話による相談も随時受け付けております。

4 公募の詳細

公募の詳細は、以下のファイルをご覧ください。

5 申請様式

 なお、このほかの関係書様式は、以下のとおりです。

6 参考資料

 公募に関する参考資料を掲載します。

 ※上記、建物被災状況報告書及び設備比較証明書は、補助金交付申請の際に必要となります。加えて、設備の修繕不可(困難)を立証する書面(様式は任意)が必要であり、これらの書類の取得には時間がかかる場合がありますので、お早目にご準備ください。

7 変更認定申請手続きについて

 既に復興事業計画の認定を受けたグループの構成員で以下の変更が生じる場合には、変更認定申請が必要となります。

  • 変更認定が必要となる変更事由
    1. 認定されたグループへ新たな構成員が加入する場合
    2. 認定されたグループから構成員が脱退する場合
    3. 復旧整備等を実施する施設・設備の新たな追加がある場合(※削除の場合は不要です)
    4. 認定された復興事業計画の追加や一部中止など、計画に影響がある変更生じる場合
    5. 事業者の変更(会社合併、相続、施設等の譲渡など)
      ※変更手続きの詳細は、以下のファイルをご覧ください。

8 関連情報

グループ補助金に関するその他の記事はこちら

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)