ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 総務部 > 人事課 > 時差出勤の実施について

本文

時差出勤の実施について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0001824 更新日:2020年8月1日更新

平成31年1月から時差出勤制度を導入します。

 県では、多様な勤務形態の選択を可能とすることで、職員の公務能率の一層の向上やワーク・ライフ・バランスの推進を図ることを目的として、時差出勤制度を導入します。県民の皆様のご理解とご協力をお願いします。
 ※時差出勤制度導入に伴う、窓口等の受付時間(例 8時30分から17時15分)の変更はありません。

時期

 平成31年1月4日から

実施所属

 知事部局の全所属(県庁及び県の出先機関)

内容

 時差出勤を希望する職員は、公務運営上支障がない範囲で、通常の勤務時間(基本形8時30分から17時15分)に加え、A~Dの勤務シフトを選ぶことができるようにします。

  • 時差A 7時30分から16時15分
  • 時差B 8時00分から16時45分
  • 時差C 9時00分から17時45分
  • 時差D 9時30分から18時15分