ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 観光・しごと・産業 > 商工業・地方公営企業 > 【9月10日更新】大規模集客施設等に対する時短要請協力金(第2期分)について

本文

【9月10日更新】大規模集客施設等に対する時短要請協力金(第2期分)について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0105951 更新日:2021年9月10日更新
【更新情報】

 ※令和3年9月10日 要請期間を変更しました。(終期を9月12日から9月30日へ変更)

 現在時短にご協力いただいている大規模集客施設等におかれましては、引き続き時短にご協力いただきますようお願いします。なお、協力金の申請受け付けは、要請対象期間終了後に開始する予定です。申請書類様式等は後日公表予定です。

 

 ※令和3年8月19日 要請期間を変更しました。


 

<協力金の趣旨>
 熊本県では、急速に感染が拡大している新型コロナウイルス感染症に歯止めをかけるため、人流抑制の観点から、対象地域の大規模集客施設等に対し、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項の規定に基づき、営業時間短縮を要請し、令和3年8月8日(日曜日)から令和3年9月30日(木曜日)までの間、県の要請に応じて、営業時間の短縮に全面的(※)にご協力いただいた大規模集客施設等に対し、「熊本県大規模集客施設協力金」を支給します。

(※)遅くとも8月9日(月曜日・祝日)から要請に応じていただければ、その日以降の期間の協力金を支払います。
概要資料
上記制度概要に加え、施設別の協力金内容やよくあるお問合せ、床面積の考え方などを以下に掲載していますので参照ください。
対象区域(熊本市全域)の集客施設に対する時短要請内容については以下のとおりです。

1 要請期間
令和3年8月8日(日曜日)から令和3年9月30日(木曜日)まで

2 要請対象区域
  熊本市全域

3 要請対象施設
  新型インフルエンザ等対策特別措置法施行令第11条第1項各号に掲げる施設のうち、午後8時以降も開業する1,000平方メートルを超える施設
集客施設等への要請
 なお、スーパー、コンビニ、ガソリンスタンド、葬儀場、図書館、ネットカフェ、漫画喫茶、理容店、美容店、質屋、貸衣装屋、クリーニング店などは時短要請の対象外です。

4 協力金額について
 (1)大規模集客施設
   1,000平方メートル毎に20万円/日×時短率(※)×時短日数
 (2)(1)の一部を賃借するテナント等
   100平方メートル毎に2万円/日×時短率(※)×時短日数
 ※時短率:時短した時間/本来の営業時間
5 その他
 (1)申請方法等について
   準備ができ次第掲載します。
 (2)営業時間短縮ポスター
   以下のポスターを店頭に掲示して下さい。

問い合わせ先

  大規模集客施設に対する協力金コールセンター

    096-213-7090

  受付時間:平日 9時00分~17時00分(土日・祝日 休み)

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)