ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > 人権同和政策課(人権センター) > 性的指向・性自認に関する人権について

本文

性的指向・性自認に関する人権について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0050582 更新日:2021年3月16日更新

県の申請書等における性別記載欄の見直し状況について

 県の各種申請書等における性別記載欄の見直しについて、別添のとおり取りまとめました。

 県の申請書等における性別記載欄の見直し状況 (PDFファイル:95KB)

県の申請書等における性別記載欄の見直しについて

 LGBTなど性的マイノリティの方々の人権が社会的に大きな関心事になっています。
 県では、県の各種申請書等の性別記載欄については、法令上の根拠がある場合等を除いて原則廃止するという方針の下、別添のとおり全庁的な見直しを実施いたしました。

 県の申請書等における性別記載欄の見直しについて(PDFファイル:46KB)

性的指向・性自認に関する人権についての県職員向け啓発研修資料を発行しました

 性的指向・性自認に関する人権についての県職員向け啓発研修資料『性的マイノリティへの理解を深めるために ~熊本県職員ハンドブック~』を発行しました。性の多様性や性的マイノリティの現状について、基礎的な知識や業務遂行にあたっての心構え等について掲載しています。ダウンロード及びご利用は自由(禁転載)ですので、自己啓発や地域、職場での研修の際、ぜひご活用ください。

ハンドブック表紙

性の多様性について → 法務省ホームページ<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)